インクジェットプリント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
集客

プリンターで紙に印刷するのをイメージしてください。
その紙が生地になったものが、インクジェットプリントだと思っていただくと簡単です。

この手法ですと、色数の制限もないので
写真やグラデーションもフルカラーで表現することができます。
また、データをそのままプリントするので、型が必要ありません。
ですから、少量でも安く上げることができます。

弊社では大きく分けてシルクスクリーンとインクジェットプリント(昇華転写ダイレクトインクジェットプリント)という手法を用いています。
この2つの違いはこちらをご覧ください。

インクジェット

オーダーのぼり旗におけるインクジェットプリントとは

オーダーのぼり旗を作成する方法のひとつにインクジェットプリントがあります。
プリンターで紙を印刷するように、データを生地に直接染色していく印刷方法です。

プリンターで染色した後は、高温で生地に熱を加えて仕上げます。プリンターを使うため色数に限りはなく、フルカラーで写真、グラデーションを印刷できます。プリンターでのぼり旗に色鮮やかな染色ができるのはこの方法の良い点です。くわえて、データの再現性が高いのもの大きな特徴と言えます。

布地に直接プリントできるから楽!

インクジェットプリントでオーダーのぼり旗を作成すると、プリンターで印刷するためにシルクスクリーンの場合と違い版の作成が不要です。版のつくらず印刷できるため、コストカットができ低価格でのぼり旗の作成が可能になります。このため少量ののぼり旗の作成であっても、安くオーダーのぼり旗の作成ができます。入稿されたデータをプリンターに取り込んで印刷をするので、のぼり旗の作成に手間がかからないのもの良いところで、簡単にオーダーののぼり旗を作成できる方法です。

関連記事