昇華転写

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
染められる

プリントの手法の1つで、ポリエステル専用の手法です。
のぼりのデータを専用の転写紙というものに染料で印刷します。
それを熱で染料を気化させて生地に圧着して、転写プリントします。

のぼり昇華転写

染料によるインクジェットプリントの一種なので、版がいらず
少量印刷でもコストを抑えることができます。


ダイレクトインクジェットプリントと比べて紙を印刷する分手間はかかります。
コスト的にはダイレクトインクジェットプリントよりも上がってしまいますが
裏抜けやデザインの再現性に関してはこちらが優れています。

※上記はあくまで当社データ上の話でございます。

印刷手法「昇華転写」とは

昇華転写はインクジェットのプリンターなど用いられるプリント技術の一つで、オーダーののぼり旗の制作でよく活用される方法です。
一度転写紙に転写した紙のインクをのぼり旗の生地と重ねて、熱を加えながらプレス加工し生地の密着した分子を染め込む方法で行っていきます。
従来のプリントの様に製版自体を必要としない方法で一枚単位での転写も行うことが可能となり、フルカラー印刷から個性的なオーダー印刷にも馴染みがある方法となります。
印刷する被写体も布製の生地のみならず、特殊加工にてマグカップ・ビールジョッキ・水筒・皿などといったほとんどの素材にプリント対応を行うことが可能です。
ただし当社ではポリエステル素材にだけ効果を発揮する方法です。

馴染みのある「アイロンプリント」も昇華転写

オーダーでのぼり旗を制作する場合には、昇華転写による方法でプリントが行われますが、Tシャツの制作を行うときによく使われる「アイロンプリント」も同じ仕組みです。

インクジェットプリンターでシートを印刷して、そのシートをアイロンで熱を加えながらTシャツに圧着することで可能となります。
洗濯にも強く剥がれたり、色落ちすることもない特徴となりますが、これものぼり旗の制作で主に行われる転写方式とほぼ同じ仕組みでプリントをする方法となります。
昇華転写をわかりやすく理解するためアイロンプリントみたいなものと一般の方は考えると想像しやすいと思います。

関連記事