シルクとインクジェットの違いについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
専門

■ シルクスクリーンは型紙を制作し、色の粒子を白生地にのせることで、柄を表現します。
こちらは、1色ごとに型紙を制作するため、色数が増える程、価格は高騰します。
(白色は生地の地色を使う為、色数に含みません。)

■ インクジェットプリントはデータを制作し、生地に印刷します。
紙媒体にプリンタで印刷する行程を想像して頂ければいいかと思います。
こちらは、色数に制限がないのが魅力で、写真やグラデーション表現もできます。

価格は、インクジェットプリントは少量生産と大量生産、どちらでも価格にあまり変動がない為、
枚数が増える程、同じ型紙で生産できるシルクスクリーンの方がお安く制作できます。
(1色刷りですと80枚以上からシルクスクリーンがお安くご提供できます。)
また、裏抜け度が少し高いのもシルクプリントとなります。
( 弊社データによると、シルクプリントは裏抜け約90%、インクジェットプリントでは80%となっております。 )

シルクとインクジェット、光に強いのはどっち?

のぼりは外に置く事が多いため、太陽光を気にされるお客様は多いです。
シルクプリントとインクジェットプリントでは、ほとんど退色に変化はありません。
しかし、シルクプリントの制作行程上、粒子をのせて絵柄を表現している為、退色が激しく感じることが多いです。
のぼりを季節ごと等、定期的につけかえて頂く方が劣化は少なく、効果的な販促も見込まれます。

関連記事