気になるのぼり旗のしわ

アイロン

のぼりは歩いていてよく見かけることが多いですが、
残念に思う事の第一は、しわです。

ひどいものとなるとヨレヨレで見えないなんてこともあります。

郵送時にどうしても折シワがなるのはわかるのですが、
せっかくののぼりのシワがどうしても気になってしまうことはけっこうあるようです。

シワを伸ばす

せっかくオリジナルオーダー等で作ったのぼり
どうせならアイロンしてしわをのばして、かかげてみるのはいかがでしょうか?
※のぼり旗のアイロンがけについて

それだけでもお客様のイメージはずいぶんことなるものですよ。

またボロボロののぼり旗をず~と出しておくのもブランディングの低下を
招く原因になるとおもいますので、その辺りお気をつけいただければ
よりよいお店の発展につながると思います。

以外とお客様には見られているというのは、お客様に聞いて初めて
わかったりするものだそうです。

当社では10枚以上を安価激安価格にしているのは実はこういう理由もあります。

アイロン

火熨斗から発展!日本でのアイロンの歴史

洗濯したり新品でも畳んだ状態にある衣服には、シワが見られるものです。この衣類に付いてしまったシワを綺麗に伸ばしてくれる家電製品はアイロンですが、ここでは日本でのアイロンの歴史について振り返っていくことにしましょう。

電気がなかった時代では、銅の入れ物に炭火を入れた火熨斗(ひのし)を使って洗い物のシワを伸ばしていたと伝えられており、江戸時代には焼きゴテと呼ばれていた炭火を焼いて使う道具も衣類のシワを伸ばすために使用されていたと言います。

アメリカでは1910(明治43)年ごろ電気アイロンが本格的に実用化され出していて、日本には1914(大正3)年に輸入されることとなり、1915(大正4)年に東芝(当時の芝浦製作所)が国産初の電気アイロンを発売したのです。250Wの製品が約8円で300Wが約10円で販売されており、現在なら4~5万円相当という価な家電製品といえます。

1937(昭和12)年の調査では、戦前の家電品の中での普及率のトップはアイロンという結果があって、1988(昭和63)年にはコードレスアイロンが登場して作業がしやすい工夫がなされているもので、この先もより良く進化していくことになるでしょう。

関連記事

10のぼり旗製作のこだわり

ご連絡先
  • あなたにとっておきのデザインで
    素敵な完全オリジナルのぼり旗をあなたに
  • 京都のれん株式会社
  • 〒604-8235
    京都府京都市中京区錦堀川町659
    京都松田ビル4F南
  • 営業時間 平日9:00−18:00
  • 電話 075-254-2354
  • FAX 075-254-2357
ダウンロードアイテム データ入稿用テンプレート Fax注文書 カタログお取り寄せ

アーカイブ