のぼり旗の対応年数はどのくらい?

安全

よく聞かれる質問として、のぼり旗の対応年数はどのくらいか、というお声があります。

実際どのくらいもつのか?
また、どのように扱えばより長持ちするのか?
ということですが…

これは正直、一概には言えません。

繊維は、水や日光に弱く、長時間水や日光にあたると
色褪せたり、摩耗したりします。

基本のぼりは野外で使うため、どうしても水も日光も当たります。
また、雨が降ったからといって毎回しまうものでもないので
出しっぱなしにするのが普通かと思います。

IMG_0362

そう考えていくと天気も影響をうけますが、
大体としては、3か月とみていただく事がいいと思います。
安価で大量に作れますが、外に出しっぱなしにして
特に季節的に傷みやすい、ということもありますので
あくまで目安ではあります。

ですのでおススメしているのは、季節ごとにかけかえること。
常に新しい商品が出せるのであれば、より良いかと思います。
お客様も楽しいし、店の宣伝にもなります。

やはり同じのぼりをかけるのなら、汚れていない、
色褪せていないものがベストだと言えるでしょう。
既製品のぼりなら、製作も楽にできて
デザインも様々なので、楽しめます。

色違い

関連記事

10のぼり旗製作のこだわり

ご連絡先
  • あなたにとっておきのデザインで
    素敵な完全オリジナルのぼり旗をあなたに
  • 京都のれん株式会社
  • 〒604-8235
    京都府京都市中京区錦堀川町659
    京都松田ビル7F
  • 営業時間 平日9:00−18:00
  • 電話 075-254-2354
  • FAX 075-254-2357
ダウンロードアイテム データ入稿用テンプレート Fax注文書 カタログお取り寄せ

アーカイブ