RGBカラー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
RGB

パソコンのモニターなどで利用されるカラーモードです。
RGBとはレッド・グリーン・ブルーの頭文字をとった、光の三原色です。
この3色で色を表現しています。

ですが、印刷物はもう一つのCMYKというカラーモードで構成されています。
シアン・マゼンタ・イエロー・ブラックの4色構成です。
この4色でフルカラー(金銀や蛍光色は除く)が表現できるのです。

RGBカラーで入稿されますと、色が変化してしまいます。
弊社では、データの入稿の際にCMYKカラーでの入稿をお願いしております。
詳しくはこちらをご参考ください。

RGB

色を表す「RGB」と「CMYK」とは

オリジナルのぼり旗の入稿をイラストレーターで行う場合には注意点があり、その1つに、色に関する内容があります。

まず、RGBとは、光の三原色である赤(R)、緑(G)、青(B)のことを言います。
パソコンのモニターやデジカメ、スキャナーなどの表現で用いられており、混ぜるほど色が明るく、白色に近づいていきます。
一方、CMYKはシアン(C)、マゼンタ(M)、イエロー(Y)、ブラック(B)を指し、4色のフルカラーでオリジナルのぼり旗が表現されます。

印刷物ではCMYKが使われる

オリジナルのぼり旗のデータをイラストレーターで送る場合には、CMYKで行うことが注意事項として掲載されています。
最大の理由は、RGBで描かれてしまうとCMYKに変換をした際に色に誤差が生じることがあり、この場合、色が変色してしまうことになります。

仮に、そのままの状態でのぼり旗を作成してしまうとイメージとは異なる作品に仕上がることになり、十分に注意をする必要があります。
作業は、必ず、カラーモードをCMYKに設定をした上で行うことが大切になります。
なお当社でいうと風呂敷の綿のダイレクトインジェットプリントのみRGB形式の方が表現綺麗になるため、データもRGBにて頂いております。

関連記事