aiデータ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

aiデータの特徴とは

aiデータの特徴はイラストレーターで編集するデータを保存できる点にあります。
イラストレーターにはたくさんバージョンがあり、その違いによって編集されたデータは文字のアウトライン化や色の指定など、細かな設定を行う必要があります。イラストレータで一からオリジナルのぼりのデザインを作成する場合何かと都合のよいデータ形式ですが、ファイルを開いて確認するときなどには注意が必要です。イラストレーター専用のデータ形式は他のソフトで開くことができないために、その他のファイル形式で保存します。

オリジナルのぼりのデザインを作成するときにはあらかじめ作成したデータを様々なバージョンで対応できるように保存し、さらにほかのドキュメント形式で保存することによって確実な閲覧が可能になります。
写真やイラストが混在している場合にはファイルの埋め込みデータのもとになる図柄も添付しておくことで、イラストレーター形式のデータの特徴を利用した仕様ができるようになります。

イラストレーターで使える方式が「ai」

オリジナルのぼりのデザインなどを作成するときに使用するデザイン作成ソフトがAdobe社のイラストレーターです。完成したデザインを保存するときに、イラストレーターですぐに使用できる形式がaiデータになります。

オリジナルのぼりのもとになるデザインを作成し、制作会社に送付すれば開いてすぐに確認してもらうことができます。入稿して問題がなければそのまま印刷できる完全データとして扱えますし、手直しが必要であれば指定された部分を修正することができます。

完成したデータを送ることで余分な手間をかけずにすぐに印刷が可能になります。納品までの時間短縮とデザイン作成料のコストがカットできるために、全体的な価格を下げることができます。

オリジナルのぼりのデザインの入稿時に拡張子がイラストレーターで使用できることを確認し、他の画像形式と区別できる知識を持っておくことが大切です。拡張子の意味が理解できていれば覚えておくことも簡単になります。

関連記事