解像度

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
シンプル

パソコンの画面やプリンターの印刷物で、写真や画像の精度を数値化したものが「解像度」です。

1インチ当たりのドットの数を示す「dpi(dot per inch:ドットパーインチ)」で表現します。
つまり、この数値が高いほど画像は精密に、低いほど画像は荒くなります。

弊社ではデータ入稿の際に添付される画像の解像度200dpiを推奨させていただいております。
特に画像のサイズ等を変更された際には、画質が変わっていることがあります。
入稿前に一度ご確認くださいませ。

解像度

オリジナルのぼり旗の元データの適切な解像度とは

のぼり旗のオリジナルの印刷を依頼する場合にはその業者の指定する解像度に設定しておく必要があります。写真や画像の精度を数値化したものが解像度と呼ばれていて、これは1インチ当たりのドット数、つまり点の密度をdot per inchの書き方で表現されこの数値が高い程精密に表現することが可能になります。
推奨される精度の数値は200dpiです。当社では制作する際のソフトにはイラストレーターやフォトショップが使われることが多いものですが、グレースケールやモノクロでは要求される精度が違うところもあります。

画像サイズをいじったあとは要注意

のぼりのオリジナルデザインを進めていて、途中の段階でのぼりのオリジナルの大きさを変更したり、最終段階でのぼりのオリジナル画像のデザインをイラストレーターやフォトショップのソフトを使って一部変更することがあります。

こういう場合には元画像とは当然内容が変わって来ていますので印刷にかける前にはチェックすることも必要となり、精度を縦横のピクセルを計算して合わせる必要があります。これらはサイトを参照すれば合わせたり計算する方法も記載されています。

関連記事