臨時駐車場までのぼり旗で道案内

臨時駐車場

臨時駐車場東京でのイベントの時にはたくさんの人が集まるようになります。
開催会場が東京の公共交通機関を使って来場できる
便利な場所にあればいいですが、東京でも場所によっては
車で来場する方が楽な場所もあります。

そういった場合には、ほとんどの人が車で来場をしてくる
ことになりますので、駐車場を確保するようにしなくてはなりません。

通常用意されている駐車場だけでは足りないような場合には
臨時駐車場を用意しておく必要があります。

そこで臨時駐車場の場所を知らせるためには、のぼり旗を用意しておくと便利です。

道案内のぼり旗がある事によって、東京で臨時駐車場までの道案内を
してくれるようになりますので、初めての東京でも迷うことなく
到着することが出来るようになります。

そのためにも、目立つ色でのぼり旗を作るようにしておくのがポイントです。
のぼり旗を用意することによって、東京での臨時駐車場までの
道案内をするアルバイトの数も減らすことが出来るように
なりますので、経費節減にもつながってくるようになるのです。

駐車場ののぼり旗設置の時の注意点

駐車場は建物がほとんど周りにないので、非常に風の影響を受けます。

その際、風の影響でのぼり旗がまくりあがってしまう可能性もあります。
そんな時にお勧めなのが袋のぼり旗です。棒に袋状でのためまくりあがりは極端に防げます。

また通常ののぼり旗のチチ仕様の場合はチチの上にパッカーなどをつけるとだいぶましになります。

意外と知らない駐車場の種類

構造による駐車場の分類は、まず平面駐車場があり、地上に自動車区画のみ区切ることで駐車スペースにしている場合が多いです。最初に日本で地下駐車場が建設されたのは1960年で、東京駅前の丸の内ビルと新丸の内ビルの間に建設されて、収容台数は約500台分です。

立体駐車場の中でも、自走式には複数階が斜路によって繋がっていて、最初の事例が1929年6月に開業した東京の「丸の内ガラーヂ」になります。

機械式は無人になった車が自動で運ばれるもので、1962年に石川島播磨重工が東京の日本橋高島屋に循環式を納入したのが最初の実用例です。契約形態による分類わけもされていて、無料駐車場のお金がかからないもの、契約上使用契約を結ぶ時に使われる一般的な契約方法です。

それ以外にも主に30分や1時間ごとに一定の時間が経過するごとに料金が加算される仕組みで、夜間は料金が安くなる傾向にあり、駅など他の施設に併設されている場合には一定時間料金が発生しないものもあります。

中には最大料金が設定されていて一定料金に達すると料金が加算されないものから、ずっと加算され続けるものもありますので駐車した際には、しっかりと確認しておくことがおすすめです。それ以外にも日貸しや月極め、年払いもあります。

関連記事