学力向上のぼり作成にかかる金額について

生徒募集のぼり

塾などで生徒募集などをする時には、学力向上のぼりを作成してもらい、
これで宣伝をしていくという手がありますが、作成を検討している人の中には
一体どのぐらいの金額なのか気になるという人もいるでしょう。

学力向上2(注文数:1)  学力向上1(注文数:1)  学力向上2(注文数:1)  学力向上1(注文数:1)

1つポイントとして覚えておきたいのは、のぼり旗というのは、サイズによって
金額が変わってくるということです。

ミドルサイズやミニサイズの場合には1枚あたり数百円といったところですが、
ジャンボサイズやスーパージャンボサイズとなるとそうはいかず
たったの1枚であっても2,000円以上、5,000円以上といった高価格となります。

学力向上のぼりを作成する場合には、その用途から考えると、
サイズが小さすぎるとまともな宣伝はできないでしょう。

とはいえ、ジャンボサイズを用意するほどではないでしょう。
つまり、通常サイズで作成しても問題ないと言えるでしょう。

生徒募集のぼり学力向上のぼりを通常サイズで作成するのであれば
1枚あたり1,200円ぐらいで手に入れられますからそう高くはないでしょう。

なお、のぼり旗というのは、設置する本数を増やすことで効果的な宣伝が
できる場合がありますが、学力向上のぼりを作成する人の中には
そういったことを意識している人もいるでしょう。

この場合には、料金が安くなる可能性があります。というのも、注文枚数が
10枚を超えると、1枚あたりの金額が安くなるという業者が存在するからです。

こういったことも覚えておくと、安く手に入れやすくなることでしょう。

平安時代から存在している!進学塾の歴史

受験対策をする目的の進学塾は、わが国では1200年前の平安時代にさかのぼると言われています。

平安時代は貴族層に属している人が、政治や経済・文化を支配していました。当時、学習塾に通えるのは社会では一部に過ぎない貴族たちの子弟に限られていました。庶民のための寺子屋に近いものはあったようですが、庶民にとって読み書きは全く無縁なもので貴族や僧侶など一部の階層のものでした。

この時代の学習塾で学ぶことは、今の学習塾で学ぶこととは大きく違っていました。

当時の貴族は、和歌などの素養があり子弟に学ばせようとしたのです。和歌とは、和文脈の古典の典型で心理的なものでした。気持ちを和歌をつくり贈りあったと言われています。

和歌は、個人の歌集や勅命による勅撰和歌集の材料として集められました。

そのため学習塾も貴族としての和歌の詠み方などの素養を養うための場所でありました。
貴族としての教養や知識が重視されていました。日本に現存する最古の和歌集である「万葉集」もこの頃に生まれました。

また同じように紫式部の「源氏物語」や清少納言の「枕草子」も平安時代の作品となります。この時代の貴族にとって教養こそ支配の源で素養のある読み書きができることを尊重しました。

関連記事

10のぼり旗製作のこだわり

ご連絡先
  • あなたにとっておきのデザインで
    素敵な完全オリジナルのぼり旗をあなたに
  • 京都のれん株式会社
  • 〒604-8235
    京都府京都市中京区錦堀川町659
    京都松田ビル4F南
  • 営業時間 平日9:00−18:00
  • 電話 075-254-2354
  • FAX 075-254-2357
ダウンロードアイテム データ入稿用テンプレート Fax注文書 カタログお取り寄せ

アーカイブ