上下三巻縫製

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「上下三巻縫製」とは

オリジナルのデザインでのぼり旗をオーダーする時に覚えておきたいことの1つに上下三巻縫製という加工があります。これは、のぼり旗の上辺と下辺の部分に折り返して縫う三巻加工というものを施すもので、見た目が変わってきます。のぼり旗をオーダーする際にきれいな仕上がりを求めている人は注目しておくと良い加工方法です。
通常ののぼり旗というのは、ヒートカット加工といって熱の力で溶かす加工方法を採用していますが、カットするだけになっているため美しさに欠けるのです。
ちなみに、三巻縫製の加工を依頼する場合は追加料金が発生しますので料金を確認しておくことが大切です。料金に見合うだけの効果が得られると判断できれば、その形でオーダーしてオリジナルののぼり旗を手に入れると良いでしょう。
この三巻縫製は、上下の辺だけでなくコの字型に三方加工を行ったりL字型に加工を施してもらうこともできますので、こういった方法も覚えておくと良いです。

オーダーのぼり旗に違いが出る!

上下三巻縫製のオプションを利用してオリジナルののぼり旗をオーダーするとのぼり旗に、耐久性にも優れているのが見逃せない点です。
折り返して縫うことで耐久性がアップして丈夫になります。通常のヒートカット加工ですと強度不足によってほつれてしまうことがありますので、見た目が悪くなってしまいます。せっかく魅力的なデザインでオーダーしても、ほつれてしまってはデザインの良さに水を差すことになりますから、三巻縫製はとても意味のある加工と言えます。

ほつれのない見栄えするデザインののぼり旗を立てて使っていくことができれば、きちんと活気の良さや雰囲気の良さが伝わりますからデザインの良さが無駄になりません。
追加料金がかかるといっても決して高額ではありませんから利用しやすいです。三巻縫製の種類をすべてチェックしてみて、一番魅力を感じられる物を選んでオーダーすると良いでしょう。

その他縫製ついては

下三巻 L字三巻縫製 三方三巻縫製 四方三巻縫製
縫わないヒートカット

関連記事