テイクアウトのぼりで作成してもらえる生地について

生地選び

お持ち帰りのぼりテイクアウトのぼりとは、コーヒー店などで持ち帰りが可能な事を
示すためののぼりです。

最近ではオフィスビルの近くに多くのコーヒー店が開業しており、
その殆どがテイクアウト可能なお店となっています。

テイクアウトができるという事はオフィスなどに持ち帰って
ゆっくりとコーヒーを楽しむことが出来るため、非常に売れ行きが
上がるといわれていますが、その売れ行きを加速するためには
遠くからでも分かるテイクアウトのぼりを作成することが大切です。
テイクアウト飲料1(注文数:11~20)  テイクアウト飲料2(注文数:11~20)  テイクアウト飲料1(注文数:11~20)

テイクアウトのぼりはできるだけ数多く作成したほうが効果が有るため、
生地はできるだけ安く印刷が鮮明にできるものを使用するのが良いものです。

最近ではのぼり専用の生地が存在しているので、殆どの場合には
これが使用されます。

テイクアウトのぼりを作成する際には、効果的なデザインで本数を
多くすることが大切ですが、その為にはデザインをシンプルにし、
効果的な大きさのものを作成する必要があります。

しかし、初めて作成する場合にはどのようなデザインが効果的なのか
わからないという人も少なくありません。

そこで利用したいのがテイクアウトのぼりを簡単に作成してくれる業者です。

生地選びこのような業者ではテイクアウトのぼりに
最も効果的なデザインと大きさ、および
色のバリエーションを予め用意し、
大量に安価に作成できるような生地を
利用しています。

その為、はじめでも迷うことなく効果的な
テイクアウトのぼりを利用することが
出来るのです。

目的に合った生地を選んで使いましょう。

京都のれん株式会社のお取り扱い生地一覧ページ

洋画で目にする「中華料理が入った白い箱」の歴史

洋画や海外ドラマで、登場人物が白い箱に入った中華料理を運ぶシーンがあります。
日本ではあまり使われないので、最初見たときにそれが何であるのか疑問に思う人も多いでしょう。

あの白い箱はアメリカではごく当たり前のものとなっているのですが、なぜあの色と形のものになったのか、その始まりは1984年、ではなく1894年と以外に古く、シカゴに住んでいたフレデリック・ウィークス・ウィルコックスという投資家が紙バケツとして特許を取得しました。

実はその紙バケツというのは、日本文化のひとつである折り紙の影響で考えられたものなのです。折り紙の要領で、紙に折り目を作り組み立てていくことで中身が漏れることなく持ち運びができる箱を作り出しました。

それがゴールドラッシュを契機にアメリカへと大量に移り住んだ中国人の開いた店のテイクアウトの器として使われてるようになりました。現在使われている箱には中国で幸福をもたらす赤で、フタになる部分に「Thank・you」、横には仏塔が印刷されています。

それは197年代にグラフィックデザイナーによって考案されたデザインなのですが、ひと目で中華料理をイメージできることから全国的に広まりました。なお本場中国の方では、この白い箱はテイクアウトに使われていません。

関連記事

10のぼり旗製作のこだわり

ご連絡先
  • あなたにとっておきのデザインで
    素敵な完全オリジナルのぼり旗をあなたに
  • 京都のれん株式会社
  • 〒604-8235
    京都府京都市中京区錦堀川町659
    京都松田ビル4F南
  • 営業時間 平日9:00−18:00
  • 電話 075-254-2354
  • FAX 075-254-2357
ダウンロードアイテム データ入稿用テンプレート Fax注文書 カタログお取り寄せ

アーカイブ