Macintosh(MAC)とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パソコンの基礎骨格を形成しているソフトウェアをOSと呼び、その一つのタイプとして市場販売で定着しているのがMacintosh(MAC)です。
グラフィックに必要なソフトの最低限を搭載しているため、パソコン起動時の各リソースの最低負荷率が極端に低い点が他のタイプとの大きな違いです。

尚グラフィックソフトで製作したコンテンツは、原則同じOSでしか編集データを共有できません。しかしMACに搭載されているソフトは他のタイプとの互換性もあるので、対応機種の違いがビジネスの弊害にならないメリットがあります。加えて現在ではストレージスロットをパソコン自体に別途用意して、ハード面でも次世代に対応できるような改良が施されています。

反対に一部ではストレージスロットを無くして、新機材の購入コストを安くする工夫もしているので、要求スペックに合わせて購入機種の選択がお勧めです。ですが最近では他機種と同メーカーのCPUの使用が積極的に行われているため、使用ソフトの選択候補から購入の切っ掛けを掴む人も一定数存在します。

MACの歴史と特徴

スティーブン・ポール・“スティーブ”・ジョブズ(Steven Paul “Steve” Jobs、1955年2月24日 – 2011年10月5日)がスティーブ・ウォズニアック(1950年8月11日 ~)と共に1974年に創業し、販売した個人向けのホームコンピュータの事です。

のちの会社名は皆様がご存知のとおりアップルコンピュータとして1977年1月3日設立されました。

 

基礎設計が完成したのは1979年に開発者の一人がリンゴをモチーフにした製品アイディアを出した事が要因です。現在のOSとは基礎設計が違いテキストデータでインターフェースを構成していたため、ユーザーサイドでの使い勝手に改善の余地があった歴史があります。

その後会社全体を挙げてデータ参照と操作を平行して行えるように改良し、無駄なデータ読込をROM使用によって最適化していきます。

こうして完成したのが1984年の初代MACで、ROM自身の容量制限はあるものの物理メモリを同機種に実装したため、パソコンの読込速度が大きく改善されます。この歴史は後の800KBのフロッピーディスク開発に繋がり、多様なアプリケーション開発がユーザーによって行われていきます。その中でも特に有名なのが現在のグラフィックソフト開発会社の物で、DTP専用機としての特徴の土台を作り上げた歴史があります。

そして現在ではグラフィック関連の仕事をする時の代名詞として定着しています。

windowsとの違い

ハードウェアとOSを同じ会社が製作しているため、快適な動作環境の最低水準レベルが高い点がMACの特徴です。一方ウインドウズはハードウェアとOSを別々の会社が製作しているので、自身の使用目的に合わせたパソコンの用意ができる点が大きな違いです。
またMACはユーザークリエイトソフトの窓口も、専用のプログラムコードを用意しているため、ソフトウェア全体の安定性が高い特徴があります。

ですがウインドウズはソフトウェア製作の土台が統一化されていない一方、ソフトウェアのエミュレーションによって多種多様なソフトを動かせます。その上基本ソフトもウインドウズの販売元が開発と研究を行っているので、汎用性の面で動作保証が確立されているメリットがあります。

反対にMACは近年同ベースのOSで携帯端末への参入も成功している歴史があり、動作アプリも統一化されています。なのでウインドウズと比較して多様な端末でビジネスをする方には最適な機材として有名です。

関連記事

10のぼり旗製作のこだわり

ご連絡先
  • あなたにとっておきのデザインで
    素敵な完全オリジナルのぼり旗をあなたに
  • 京都のれん株式会社
  • 〒604-8235
    京都府京都市中京区錦堀川町659
    京都松田ビル7F
  • 営業時間 平日9:00−18:00
  • 電話 075-254-2354
  • FAX 075-254-2357
ダウンロードアイテム データ入稿用テンプレート Fax注文書 カタログお取り寄せ

アーカイブ