暖かくなってきたので、のぼりご依頼が増えております。

のぼりの受注

広告の入れ替え時期だんだん春の陽気が近づいてきました。

最近は気温の上下の繰り返しでなかなか体がしんどいですが、皆様はいかがお過ごしでしょうか?

こちらの業界でいえば決算や確定申告の影響でのぼりの受注が増加しております。

春と言った時期による広告の入れ替えというのものぼり製作の繁忙期の一つの要素です。

普段は、のぼりは何枚何円という形でのご提案が多いのですが、
「何円で何枚作れる?」といったご要望をいただくこともあるのです。

予算の関係や経営者側からみれば、金額がまずありきといったことも
多い様に思いますので、その際は遠慮なくご相談ください。
のぼりの受注

消費税は増税されるのでしょうか?

税金はいつからあるのか?日本の税のはじまりは大宝律令!

そもそも日本の税はいつから始まったのか、気になる方もいらっしゃることでしょうからここでは歴史をみていくことにします。

日本の税が始まったのは701年に起こった出来事の大宝律令とされていまして、租・庸・調という税のしくみができたのが日本の税の始まりと言います。

租は農民が収穫した物に約3%の税率を課税したもので、庸は都での労働期間が年間10日又は布を納める税であり、調は諸国の特産物にあたる布や絹などを納める税であったと伝えられているものです。

時は進んで1873年の明治時代には地租改正が行われて土地の地価の3%を地租とし貨幣で納めることになり、所得税や法人税といった今ではお馴染みの税が実施されていたと言われています。

1946年には日本国憲法が公布され納税の義務が定められることになって、1989年(平成元年)に消費税が導入された一方で所得税の減税といった大幅な税制改正が行われ、この時の消費税は3%であったのです。

消費税で見ると、1997年(平成9年)に5%に引き上げられ2014年(平成26年)からは8%へと変わっています。これからの日本の税も、経済社会のさまざまな変化に応じて変化していくでしょう。

関連記事

10のぼり旗製作のこだわり

ご連絡先
  • あなたにとっておきのデザインで
    素敵な完全オリジナルのぼり旗をあなたに
  • 京都のれん株式会社
  • 〒604-8235
    京都府京都市中京区錦堀川町659
    京都松田ビル7F
  • 営業時間 平日9:00−18:00
  • 電話 075-254-2354
  • FAX 075-254-2357
ダウンロードアイテム データ入稿用テンプレート Fax注文書 カタログお取り寄せ

アーカイブ