通学路に必要なのぼり

徐行通学路

通学路数あるのぼり旗の種類の中には、通学路に必要なものがあるとされ
学校の関係者にとってはしっかりと知識を身につけることが求め
られています。

全国には、車の交通量が多い通学路が沢山あることが知られており、
少しでも安全に通学をするためにも、のぼり旗などを用いて
注意喚起をすることが良いといえます。

特に、通学路にこうしたものを設置する際には、色合いやデザイン
などを十分に配慮することが重要とされ、子供からの注目を得ることが
できるのぼり旗を選ぶことが望まれています。

横断注意ウェブサイトなどでは、通学路に設置される機会の多いのぼり旗に
関して画像がたくさん掲載されているため、予算やそれぞれの道路
の実情などに従って効果的なものを買い求めることが大切です。

のぼり旗をどこに設置するかといったことについては、教職員や
保護者などの間で大いに話し合いをすることによって、意見を合致
させておくことが非常に大きなポイントとして挙げられます。

通学時の安全を守るために|大人の取り組みと必要な防災教育

通学をするときに安全を守ることは大切です。文部科学省は学校で安全に関する充実や改善を徹底するために昭和58年改訂の「小学校安全指導の手引」や昭和59年改訂の「中学校安全指導の手引」を作りました。

これらの内容をしっかりと厳守するとともに、新学習指導要領を考慮して順序に従って改訂作業を実施しています。

安全教育をそれぞれの学校で担っている教員に対しては、研究協議会や研修会などを開催しています。指導の計画や効果がある指導のやり方などに関して研修する場面を設定し、高い指導力を習得して教員や教材を準備している途中です。

防災教育もしっかりと充実させることが大切です。災害はガス爆発や火事などの人為災害や、地震や津波、豪雨、暴風、豪雪、火山噴火、高潮、洪水などの自然災害などがあります。
形態や原因はそれぞれによって異なるので、それぞれに合った対策が必要です。

日本は地形の条件や地理的な位置から考えて火山噴火や地震、台風などが生じやすくなっているので徹底した防災教育を行うことが必要となります。

学校では地震などの緊急な災害が起こった際に、そのときに発生する危険や安全で適切な行動をするための方法などを理解させる取り組みを行っています。

関連記事

10のぼり旗製作のこだわり

ご連絡先
  • あなたにとっておきのデザインで
    素敵な完全オリジナルのぼり旗をあなたに
  • 京都のれん株式会社
  • 〒604-8235
    京都府京都市中京区錦堀川町659
    京都松田ビル7F
  • 営業時間 平日9:00−18:00
  • 電話 075-254-2354
  • FAX 075-254-2357
ダウンロードアイテム データ入稿用テンプレート Fax注文書 カタログお取り寄せ

アーカイブ