線数が表すのは「印刷の解像度」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

線数とは

線数とは印刷物の精細さを表す尺度のことで印刷線数やスクリーン線数と呼ばれることもある解像度の一種です。1インチに網点が何個入るかで表され、この解像度の数値が高いほど肉眼での網点が目立たなくなるためクオリティの高い印刷物ができあがります。

逆にこの数値が低いと網点が目立つようになり粗い印象になるのでphotoshopなどでのぼり旗用のデータを作る場合には解像度に注意することが大切です。のぼりの製作依頼をする場合には依頼する会社が求めている解像度を満たすようにしましょう。

数値が高ければ高いほど画像やグラデーションはきめ細かくなり品質が向上しますが、濃度のコントロールが難しくなります。最近では200線以上の高精細印刷も増えていますのでより鮮明な仕上がりをもとめる場合には対応している会社を探すのもよいですが、一般的には175線が主流でありそれ以上はあまり鮮明さに変化はないとも言われています。イメージ通りに仕上げたい場合は見本品を取り寄せるなどして確認することをおすすめします。

印刷物によって適切な線数は異なる

一般的なカラー印刷物では175線が使用されていることが多いとされていますが新聞の場合では60、1~2色刷の書籍や雑誌などでは100~150線、写真が多く使われるカタログなどのカラー印刷では150~200線を使うなど用途に合わせて適切な線数が選ばれています。

この数値はどんな場合でも高ければ良いというわけではなく、インクがにじみやすいものに使用する場合には、網点同士が重なることでつぶれかえって仕上がりが汚くなってしまうおそれがあることからわざと数値を低く設定する必要があることを覚えておくと失敗を減らすことが可能です。

のぼり旗を作る場合にはのぼり製作会社によって機材が異なるため必要な数値も会社ごとに異なります。photoshopなどでのぼりのデータを作る場合には先に確認してから作ることが大切です。サイズの小さい画像を拡大するとぼけたりギザギザが目立つこともあるのではじめからサイズに注意して作ることが綺麗にしあげるコツとなっています。

ちなみに当社では200dpiです。

解像度を表す他の単位はある?

解像度をあらわす単語は他にもあり最近ではスクリーン線数よりも「dpi」が使われる方が多くなっています。photoshopなどでもよく使われる単位で、のぼり旗会社もこちらで表されていることが多くなっているので覚えておくと良いでしょう。「dpi」はファイルの解像度を表す単語で1インチ当たりのドット密度のことで、似た単語にインチ当たりのピクセル数を表す「ppi」があります。

出力に関係するファイルをより正確に表す単位は「ppi」であると言われていますが、多くのパソコンなどのディスプレイにおいてピクセルとドットが1対1で対応するため「ppi」と「dpi」は同じ意味で使われています。製作会社側と自分の作ったデータの単位が異なる場合には目的にあった数値になっているか確かめる必要があるので注意が必要です。

のぼり旗に必要な数値は100~200dpiのものを使用するのが一般的ですが、のぼり再現度には限界があるため200dpi以上はあまり変化はないです。

関連記事

ご連絡先
  • あなたにとっておきのデザインで
    素敵な完全オリジナルのぼり旗をあなたに
  • 京都のれん株式会社
  • 〒604-8235
    京都府京都市中京区錦堀川町659
    京都松田ビル7F
  • 営業時間 平日9:00−18:00
  • 電話 075-254-2354
  • FAX 075-254-2357
ダウンロードアイテム データ入稿用テンプレート Fax注文書 カタログお取り寄せ

アーカイブ