街道沿いののぼり旗

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
決める

街道沿いののぼり旗は何にを販売しているのか分かりやすいのはもちろんですが
わかっていながらも興味を引き付ける作用があり、素晴らしい販売促進策になっています。

おそらく、リンゴにしろ、ブドウにしろ、柿など農産物にしても
あるいは干物など海産物にしても、ラーメンやどんぶりものにしても
そのお店が独自に染め抜いたものは少なく、既成ののぼり旗を購入し、街道沿いに立て
ドライブしている人たちにPRしています。
ですから、それほど個別の差別化というか競争優位性は認められないものの
お客様の興味を引くにはうってつけになっています。

車でなく、ウォーキングのときでも、新鮮野菜販売とか生みたて卵などと書かれたのぼり旗が
立っていると、立ち止まり、旗の近くのお店や農家をのぞくことになるのではないでしょうか。
販売しているものが何かわかりやすいと同時に、特売とか、いつもよりも安いとか
お得な発見があるとうような副次的な効果を伴っているからでしょう。

関連記事