街のお弁当屋さんののぼり旗

お弁当屋さんのぼり

お弁当屋さんのぼり街中のお弁当屋さんにとって、のぼり旗を使ってお昼時間にアピールを
することで、近所の企業のサラリーマンやOLなどを顧客として
呼び込むことができます。

ここ最近では、比較的小規模のお弁当屋さんの特徴について、
インターネットや雑誌などを通じてピックアップされる機会が増えて
きているため、色々な趣向を持つ人々に上手く商品を紹介することが
コツとして挙げられます。

とりわけ、お弁当屋さんののぼり旗に関しては、お弁当のイメージを
しっかりと伝えることが求められるため、色使いやデザインなどを
きちんと考えておくことが望まれています。

街のお弁当屋さんのぼり旗などの製作を依頼する際には、できるだけコストの面に
配慮をすることによって、経営への負担を軽減することができます。

お弁当屋さんの数は、全国的に増加してきており、店舗ごとの競争に
勝つためにも、のぼり旗の設置の方法に工夫をすることが非常に重要な
課題として位置付けられるようになっています。

弁当業界の今後を握るのは「高齢者向け弁当」

街中、それも会社が多い地域のお昼をのぞいてみると、お弁当屋さんの存在は欠かせないことが実感できます。

お弁当というとサラリーマン向けだったり、出かけたついでに安くお弁当を買ってすませるイメージでしたが、それまでサービスとして考えても来なかった高齢者向け弁当宅配市場を開拓したのが、居酒屋チェーンでも有名なワタミです。

ワタミは、2008年に長崎県の弁当業者を買収して弁当宅配市場に参入したのが始まりです。
高齢者向けの弁当宅配市場はもともと自治体に委託されたNPOや地元の弁当事業者が行っていた社会福祉事業だったわけですが、居酒屋チェーンのノウハウを投入して採算を得られるようにしたのが先見性がある部分です。

今では、高齢者の増加に加えて、外食への抵抗感の減少などによって、高齢者向けの弁当宅配事業は拡大しつつあります。今後期待されるのは、サービスの充実です。

高齢者は様々な種類のおかずを食べたいので、宅配の弁当を利用したい方が多いようです。また、心のこもったサービスを期待しているため、宅配スタッフへの教育や待遇の改善も必要でしょう。弁当業界の今後を大きく左右するとも言われる高齢者向けの弁当サービスは参入業者だけでなく、利用者にも大きな関心の的となっています。

関連記事

10のぼり旗製作のこだわり

ご連絡先
  • あなたにとっておきのデザインで
    素敵な完全オリジナルのぼり旗をあなたに
  • 京都のれん株式会社
  • 〒604-8235
    京都府京都市中京区錦堀川町659
    京都松田ビル4F南
  • 営業時間 平日9:00−18:00
  • 電話 075-254-2354
  • FAX 075-254-2357
ダウンロードアイテム データ入稿用テンプレート Fax注文書 カタログお取り寄せ

アーカイブ