蛍光とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
蛍光色

蛍光色などを耳にする機会は多いですが、良く似た現象には発光というものも存在します。案外見落としがちですが、そもそも蛍光とは何でしょうか。

蛍光とは、紫外線等を照射すると、それとは違う色を放出する現象で自らは光を発するわけではありません。この現象を人間が利用することの意義は、人の視覚では認識できない短い波長の紫外線やX線を可視光に変換できる点にあるのです。っていてもはかりにくいですよね。いわゆる蛍光マーカーな色をイメージしていただければわかりやすいと

思います。

 

これに対して発光とは自ら光を出す現象で何らかのエネルギー源を必要とするのが一般的です。

のぼりを利用するときには、視覚的にわかりやすく認識できることがポイントになるので、どのような素材を用いるのか、色合いはどのようなものをチョイスするのが妥当なのかまで、一から見直しオーダーを検討することが求められます。とりわけオリジナルののぼり旗を利用を検討する時には、何を訴求し見たものに何を伝えてたいのかが一目瞭然であることも不可欠になるわけです。ある程度の具体案は想定すれば、よりスムーズに完を期待出来ます。

 

 

のぼりを差別化するなら蛍光のぼりがおすすめ

 

ただ街中見回すと、多くの種類ののぼり旗が随所で翻っているのを目にする事ができます。改めて再確認すればそののぼり旗の種類の多さに驚かされるでしょう。

かなように、私たちはのぼり旗を見つめたりする機会は少なく、一連の街の風景の一部程度の認識で済んでしまっていることが多いのは再認識するべきです。私たちは、オリジナルののぼりを利用してサービスなり商品あるいは催事などの告知を目指す訳なので、のぼりのオーダーにあたっては、何らかの差別化をはかる必要があるのは明白です。ここでオーダーののぼり旗を製作依頼を検討する場合には蛍光素材の積極的な活用を図ることが考えられます。発光体ではないので電気などの動力源を検討する必要がないだけでなく、夜間も自動車ヘッドライトなどの照射によって訴求力の発揮を期待できるのです。日中だけでなく夜間にも宣伝効果を期待できるのは、効率性の高さからも推奨される方法です。もちろん日中は視覚に強力に訴える点は大きなメリットになります。

蛍光のぼりは交通安全等ののぼり旗によく使われます。

 

蛍光を選ぶときは

オリジナルののぼり旗をオーダーして蛍光色を活用する場面では、幾つかの検討課題に直面します。まずオーダーの際に色は何を選ぶべきなのかの問題です。色の選択は案外バリエーションが容易されており、ピンクやオレンジなどの男色で明るい色は当然のこととして黄緑色と言った少し落ち着いた色合いもチョイスできます。さらに黄色と言ったそのカラー自体が強烈な明度を有するものも蛍光色に選択できるのです。のぼりの全体の印象の方向性を決めるので、例えばエコを呼びかけるなら黄緑を利用すれば目立っていて落ち着きも感じられメッセージとの整合性もつきやすいでしょう。

また当社にて蛍光のぼり旗を作る際は、

蛍光色の無地染めのポンジーにシルクスクリーンをする場合と、
昇華転写で蛍光色をする場合とがございます。

昇華転写の場合は通常の金額ではない別見積となりますので、ご注意くださいませ。

関連記事

10のぼり旗製作のこだわり

ご連絡先
  • あなたにとっておきのデザインで
    素敵な完全オリジナルのぼり旗をあなたに
  • 京都のれん株式会社
  • 〒604-8235
    京都府京都市中京区錦堀川町659
    京都松田ビル7F
  • 営業時間 平日9:00−18:00
  • 電話 075-254-2354
  • FAX 075-254-2357
ダウンロードアイテム データ入稿用テンプレート Fax注文書 カタログお取り寄せ

アーカイブ