期間限定品をのぼりでアピール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
期間限定のぼり旗

限定ビジネスシーンにおいては、宣伝広告の方法をきちんと見極めることが
望まれており色々な希望を持っている顧客にアピールをするためにも
様々なケースを想定することが重要です。

特に、期間限定商品などのアピールをするにあたっては、より一層の
努力をすることが求められており、のぼり旗などの小道具を上手く
活用することが一般的となっています。

のぼり旗をビジネスに取り入れるためには、ある程度のテクニックが
必要とされているため体験談などを中心として正しい情報を収集
することが良いといえます。

希少価値例えば、大手のチェーン店などにおいては、デザインなどが工夫された
のぼり旗を使うことによって、きちんと期間限定商品の希少性を
訴えかけることができるため売り上げの増加にもつながるとされます。

ここ数年では、のぼり旗の受注をおこなっている業者の数が、
全国各地に増えてきているため信頼と実績を持つ業者を
早いうちから探しておくことが大切です。

チェーン店のはじまりはアメリカ?日本とチェーン店の歴史

フランチャイズビジネスが誕生したのはアメリカです。1850年代頃に、シンガー社が販売権を持つチェーン店を全米に設置したのが始まりと言われています。

販売店は販売割合に対して対価を支払う仕組みになっていました。このような販売スタイルは、1900年頃に様々な業界に急速に広がったとされています。

その後1950年代に入ると、ビジネスフォーマット型FCシステムが登場します。フランチャイズの加盟社にノウハウを伝授したり、研修や継続的な指導などを行うスタイルです。チェーン店全体で統一的な店舗運営を行うもので、流通業界では次々にビジネスフォーマット型FCシステムを導入するようになりました。

そして日本では、1956年に設立された日本コカ・コーラボトリングが最初にフランチャイズを導入したとされています。

ただし、この時には経営や運営に関してノウハウが提供されるということはありませんでした。販売代理店のようなものでしたが、1963年になるとダスキンや不二家がビジネスフォーマット型を導入するようになったのです。

その後は一般社団法人日本フランチャイズ協会が設立されたり、関連する法律が制定されるなど広く普及しました。

関連記事

10のぼり旗製作のこだわり

ご連絡先
  • あなたにとっておきのデザインで
    素敵な完全オリジナルのぼり旗をあなたに
  • 京都のれん株式会社
  • 〒604-8235
    京都府京都市中京区錦堀川町659
    京都松田ビル7F
  • 営業時間 平日9:00−18:00
  • 電話 075-254-2354
  • FAX 075-254-2357
ダウンロードアイテム データ入稿用テンプレート Fax注文書 カタログお取り寄せ

アーカイブ