映画ロケ地の幟で地方を活性化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ロケ地名所

映画地方エリアが抱える問題と言えばなかなか人が来ない事でしょう。
若者は田舎を離れ、東京などの都市部に進出していきます。

そして地域にも活気が無くなっているようなところもありますので、
商業施設などを営んでいる地元住民からすれば死活問題とも言えます。

もっと人を集めたいという時には幟を活用してどんどん魅力を
アピールしてみる事が大切です。

アピール材料としては例えば映画のロケ地になった事でも良いと言えます。
映画のロケ地というのはファンからとても人気がありますし、
実際にロケ地になる事によって地域が活性化したようなケースも多いのです。

ロケ地名所その為、ロケ地になった経験がある際には幟を活用して
どんどん宣伝をしてみると良いでしょう。

幟はインターネットのよう幅広い人に宣伝する効果はありませんが、
しかしながら幟は人に見られ易い分、宣伝効果が高いですし、
道路沿いなどに設置しておく事によってドライバーなどに
見てもらえる事もあるのです。

そして興味を惹く事によって立ち寄ってもらえますので、
それが活性化に繋がっていきます。

人気映画で町おこし|地域の努力と経済効果

素晴らしい映画は長く人の心に残るので、そういった活動による経済効果も長く続くことが期待出来ます。

そのように映画のロケ地になることで活性化に成功した町の代表例としては、広島県の尾道市がまず挙げられます。今では多くの人が訪れる人気の観光地となっているその市を一躍有名にしたのは、1980年代に大林宣彦監督が製作した三つの作品です。

それらは今でも尾道三部作という呼び名で多くの映画ファンの心に刻み込まれている、転校・時をかける少女・さびしんぼうの三つの人気映画です。

それらの作品の中ではその市がとても魅力的に撮影されていたため、ロケ地となった場所を訪れてみたいと思う人たちを大勢生んだのです。

それらの監督作品は映画による町おこしの先駆けとなりましたか、一般的にフィルムコミッションと呼ばれる組織を立ち上げてそういった活動をさらに推し進めたのは、2000年に大阪ロケーション・サービス協議会、現在の大阪フィルム・カウンシルが始まりだとされています。

大阪府や大阪市といった行政と大阪商工会議所を始めとする経済界が協力して、映画製作をサポートする為の幅広い活動を行うことにより、大阪を非常に多くの映画のロケ地にすることに成功したのです。

関連記事

10のぼり旗製作のこだわり

ご連絡先
  • あなたにとっておきのデザインで
    素敵な完全オリジナルのぼり旗をあなたに
  • 京都のれん株式会社
  • 〒604-8235
    京都府京都市中京区錦堀川町659
    京都松田ビル7F
  • 営業時間 平日9:00−18:00
  • 電話 075-254-2354
  • FAX 075-254-2357
ダウンロードアイテム データ入稿用テンプレート Fax注文書 カタログお取り寄せ

アーカイブ