幟で地域に根付いたデイケアセンターに

デイケアセンター

デイサービス東京においても、高齢化社会が進んでいる昨今ですが、
そんな時代にマッチするビジネスとして
デイケアセンターがあります。

東京に古くからあるようなデイケアセンターですと常に
沢山の利用者がいますが、東京でも新規でできたばかりですと
なかなか集客ができない事もあるものです。

集客をする為にはまず名前を知ってもらう事が大切になるのですが、
東京の地域に名前を浸透させる為にも幟を立てて
地域に宣伝するのも良いと言えます。

幟の良さはやはり東京においても、見てもらい易い存在という事です。

デイケア宣伝をしても見てもらえなければ意味がありませんが、
幟は存在感があります。

デザイン次第ではインパクトがありますので、一瞬にして
脳裏に記憶してもらう事ができます。

一度知ってもらう事によって口コミで情報が東京中に
広がる事もありますので、とても優秀な広告と言えるのではないでしょうか。

幟を導入する際に気になるコストですが、幟は東京においても
リーズナブルに導入できる媒体でもありますので、
負担にもなり難いというメリットがあります。

デイケアとデイケアサービスの違いと共通点

このディケアサービスは、介護サービスで「通所介護」と言われているサービスです。利用する人は日中の一定時間施設に通い、食事、入浴や機能訓練などの介護サービスを受ける通所サービスです。

利用者は老人ホームなどに入居しないといけないほどの要介護状態ではなくても、家で介護をしてくれている家族への負担を減らしてあげたいという理由で利用することが多いです。

一方で、似たようなデイケアは介護保険サービスで「通所リハビリテーション」と呼ばれいます。共通点として利用者が日中間に一定時間施設を利用するという点が挙げられますが、異なる点として利用者の目的は介護を受けることではなくリハビリを受けることです。

リハビリテーションサービスとは、入浴や食事などの生活介護だけではなく、機能回復に努めるサービスです。しかし、デイケアで食事などの生活介護が受けられないのかというと、そういう訳ではありません。

しかし、あくまでリハビリが主な目的であるため、他のサービスが簡易化している点もありますが、ある程度一通りの介護を受けることはできます。デイケアサービスは主に介護してくれる家族への負担を減らしたいという理由が多く、デイケアはリハビリを受けたいという理由が多いのです。

関連記事

10のぼり旗製作のこだわり

ご連絡先
  • あなたにとっておきのデザインで
    素敵な完全オリジナルのぼり旗をあなたに
  • 京都のれん株式会社
  • 〒604-8235
    京都府京都市中京区錦堀川町659
    京都松田ビル7F
  • 営業時間 平日9:00−18:00
  • 電話 075-254-2354
  • FAX 075-254-2357
ダウンロードアイテム データ入稿用テンプレート Fax注文書 カタログお取り寄せ

アーカイブ