変形ののぼりの可能性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
特殊カット一覧

のぼりは、ビジネスや趣味のため、あらゆる使い道を
することができ、現代社会の要請にこたえたアイテムとして
捉えられています。

好評につき

近年では、のぼりを変型することにより
見え方の可能性が広がることが分かってきており、
しっかりと目的をアピールするため
きちんと制作の際にテクニックを
つかむことが求められます。

のぼりの大阪での効果的な使い方に関しては、
雑誌やインターネットなどを利用することにより
気軽に調べることができるため、イベントや
注意書きなどの用途のため、
積極的に活用することが勧められます。
京都のれんのつくる変形のぼり

望む

のぼりを利用することのメリットに
関しては、多くの現代人にとって
共通のテーマとして位置付けられており、
色々な人の意見を参考にすることも
ポイントとされます。

のぼりを上手く変型させるには
ある程度のテクニックが必要とされることが
あるため、十分にコツをつかむことが
欠かせません。

のぼりの利用法は、アイディア次第で様々であることが
大きな特徴といえます。

のぼりに必須!のぼりを支える注水台

のぼり旗は遠くからでも目立つ広告、特に車で走行している時など、スピードを出していても遠くから見えるので、この先には飲食店があるなどを把握することができます。

これはお店を利用する側にとっても便利ですし、のぼり旗を利用して集客を考えるお店側にとっても便利な広告と言えましょう。
新築住宅や中古住宅の案内を行う時にものぼり旗が利用されるケースは多いのですが、道端に設置する時には、のぼり旗を固定しておくための土台が必要不可欠です。

のぼり旗は、ポールに括り付けて利用する広告ですが、ポールはしっかりと固定しておかなければ旗が付いた状態で倒れてしまいます。そのため、横幅30~40cm、重量10~20kgほどののぼりベースと呼ぶ土台が必要になるわけです。

この土台はコンクリート製のものもあれば、中に水を入れて利用するものもあるなど様々です。
形状も正方形や長方形のような形をしているものあれば、丸い形をしているものなど色々な形をしているものがあります。

コンクリート製の場合は、重量があるものなどは回収する時に少々大変ではありますが、強風の時でもポールが倒れない安心感がありますし、注水型の場合は、水を抜けば回収が容易にできるメリットを持ちます。

関連記事

ご連絡先
  • あなたにとっておきのデザインで
    素敵な完全オリジナルのぼり旗をあなたに
  • 京都のれん株式会社
  • 〒604-8235
    京都府京都市中京区錦堀川町659
    京都松田ビル7F
  • 営業時間 平日9:00−18:00
  • 電話 075-254-2354
  • FAX 075-254-2357
ダウンロードアイテム データ入稿用テンプレート Fax注文書 カタログお取り寄せ

アーカイブ