中華街の赤いのぼり

中華街のぼり

中華街のぼり全国の繁華街においては、中華街が形成されているところもあり
地域によっては観光地として大勢の旅行客から親しまれています。

特に、中華街には赤い色ののぼり旗が沢山掲げられていることが
知られており、賑やかなイメージを醸し出していることが特徴と
して挙げられます。

このような色彩については、中国大陸においても縁起の良い色として
親しまれているため、のぼり旗に積極的に活用することが一般的と
なっています。

中華街の各店舗においては、顧客を呼び込むために
様々なデザインののぼり旗を用いてアピールをすることがあり
きちんとしたものを設置することが望まれています。

赤いのぼり中華街ののぼり旗の特徴に関しては
様々なホームページやガイドブックなどにも取り上げられているため
あらゆる年代の人々にとって身近なテーマとして捉えられています。

これからも、のぼり旗の持つ宣伝効果の高さについて
様々な立場の人々からの関心が集まることが見込まれています。

神奈川県の観光名所「横浜中華街」のはじまりと歴史

日本における中華街の代表とも言えるのが横浜中華街です。

1959年に横浜に貿易港が開かれ世界各地の人々が訪れるようになりましたが、中国から広東や上海から大勢の人が来日したことが横浜中華街のはじまりです。彼らが中華料理の材料を輸出したり輸入していたことがきっかけで料理店も営むようになりました。

現在でも横浜中華街には広東料理店が多い理由はこのためです。徐々に規模は拡大し中華街の基礎ができ始めましたが、1923年の関東大震災で中華街は壊滅的な打撃を受けてしまいます。地震により多くの外国人は帰国してしまいましたが、中国人は横浜の街の復興に精力を傾け、料理店以外の商店を多数出店したことによって、現在の横浜中華街の姿となりました。

周囲およそ500メートル四方の中には料理店はもちろんのこと雑貨店や土産店、靴店など総店舗数は約650店舗程あり、そのうち中華料理店はおよそ230軒前後と言われています。

中華街のある山下町は約6000人の人口がありますが、そのうち中国人は約半数の3000人前後で、その多くが商住混在のコミュニティーを形成していることにより、横浜中華街は神奈川県の観光名所として人気を保ち続けています。

関連記事

10のぼり旗製作のこだわり

ご連絡先
  • あなたにとっておきのデザインで
    素敵な完全オリジナルのぼり旗をあなたに
  • 京都のれん株式会社
  • 〒604-8235
    京都府京都市中京区錦堀川町659
    京都松田ビル7F
  • 営業時間 平日9:00−18:00
  • 電話 075-254-2354
  • FAX 075-254-2357
ダウンロードアイテム データ入稿用テンプレート Fax注文書 カタログお取り寄せ

アーカイブ