スープのこだわりを伝えたい

のぼり旗

スープのこだわりスープにこだわりを持っているラーメン店は、全国のあらゆる地域に
展開されており、グルメに興味を持っている消費者にとっては非常に
魅力的な店舗として親しまれています。

最近では、激戦区と呼ばれる地域で店舗を構えているラーメン店が
増えているといわれていますが、少しでもスープの魅力を伝える
ためにものぼり旗を上手く使うことが良いとされます。

特に、のぼり旗の配色や文字の大きさなどにこだわることによって
多くの客にアピールをすることができます。

ラーメン屋ののぼりインターネット上では、ラーメン店に好ましいのぼり旗の種類に
ついて役に立つ情報が掲載されることがあるため、こうした店舗
の開業を希望している場合にはきちんと情報を仕入れることが
求められています。

全国のラーメン店においては、明るい色合いののぼり旗が設置されて
いることがほとんどですが、中でもオリジナリティのあふれるものを
取り入れている店舗に関しては多くのリピーターが集まるといわれて
います。

 

日本で初めてラーメンを食べたのは誰?

今や国民食となっているラーメンですが国内だけでなく世界的にも認知されて人気となってきました。そのラーメンを日本で初めて食べたと言われているのが水戸黄門で有名な水戸光圀です。

1697年に明の儒学者の朱舜水(1959年に長崎に亡命し1665年に水戸光圀に招聘され江戸にきた)の所持品リストに中華麺を作る時のものが含まれていたとの事から、隠居していた光圀や僧・家臣にも振る舞われたとの記録があります。

それが広く国民に伝わり知られるようにはなりませんでした。今日ある国内でのラーメンの歴史は1859年に箱館・横浜・長崎の開港により外国人が多く住むようになりラーメンのルーツとなる中国の麺料理が伝わってきました。それからは各地で豚骨スープや味噌味などができ今日色々な特色がある地域それぞれのラーメンもできたのです。

そのラーメンの発展や多くの人たちに愛され続けてきた理由に幟旗の効用は欠かせません。
各店それぞれの特色を一目でわかるようなキャッチコピーを大きな文字や色合いで道行く人や車に乗っている人にもアピールしています。

それを見た途端に感じていなかった空腹感を覚えて店に行く人や、お目当の店を探すときに大きな目印ともなっているのです。

関連記事

10のぼり旗製作のこだわり

ご連絡先
  • あなたにとっておきのデザインで
    素敵な完全オリジナルのぼり旗をあなたに
  • 京都のれん株式会社
  • 〒604-8235
    京都府京都市中京区錦堀川町659
    京都松田ビル7F
  • 営業時間 平日9:00−18:00
  • 電話 075-254-2354
  • FAX 075-254-2357
ダウンロードアイテム データ入稿用テンプレート Fax注文書 カタログお取り寄せ

アーカイブ