イベントのぼりを作成するのにおすすめの色は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
丈夫

イベントで成果を上げるには、より多くのお客さんに
自分たちのブースに立ち寄ってもらうことが重要になります。

そのために重要なアイテムとして、イベントのぼりがあります。
たくさんの企業が並んでいるイベントでは、同じような商品を紹介している店舗が
近くにあることも多く、他とは違った特徴をアピールすることが必要になってきます。

立ち寄ってもらうきっかけともなるイベントのぼり
遠方からでも目立つようなものが効果的です。

オープニングセール3(注文数:11~20)  セール9(注文数:11~20)  営業中1(注文数:11~20)

しかし、ただ派手に作成することがベストとも言い切れないのです。
イベントのぼりの作成では、多くの企業がアピールのために
派手なものを作成してきがちです。

そのために、ごちゃごちゃとして風景に混ざってしまって
かえって目立たなくもなってしまいます。

赤やオレンジ、黄色などの目立つ色を組み合わせて作るのもいいのですが
高級な商品を紹介したいという場合には、安っぽくも見えてしまうことがあります。

落ち着いた雰囲気のマットカラーを取り入れてみるというのも
品質の良さをイベントのぼりでアピールすることができます。

また、癒し系の商品であったり野菜や花などの植物を提供するのであれば
グリーン系の落ち着いた色味で構成して作成してみるのも効果的です。

蛍祭り(注文数:11~20)  菖蒲祭り(注文数:11~20)  秋祭り(注文数:11~20)

イベントのぼりは、遠くからでも目に入るような派手さだけでなく
紹介したい商品によっても、ベストとなるデザインや構成は
違ってくるものであり、また周りの店舗との兼ね合いも
考えてみるといいでしょう。

関連記事