アウトライン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文字

アウトラインとは、輪郭のこと。

ここでいうアウトラインとは、データを入稿する際に
フォントをアウトライン化するということです。
フォントをそのまま入稿されますと、パソコンの互換性により
フォントが意図しないものに置き換わってしまいます。

のぼりはフォントでもイメージが大きく変わるので、それは避けたいですよね。
そこでアウトライン化が必要になります。

フォントの輪郭をパスで構成されたオブジェクトに変換することで
文字が図形として認識されるようになります。
そうすることで、元々のフォントの見え方をそのまま再現することができます。

データの入稿の際には、必ず全ての文字をアウトライン化していただきますよう
よろしくお願いいたします。

フォントのアウトライン化

文字のアウトライン化とは

パソコンにインストールされているフォントを使用して文字データを作成する場合、フォントをそのまま拡大したり色付けをしたりしただけでは、データの受け渡しをした場合デザインが崩れることがあります。
文字のアウトライン化はデータを図形化することによって、デザインの崩れを防止するためにオリジナルのぼり旗のデータを入稿する際には必要な作業です。

オリジナルデザインのぼり旗を作成するには、使用するアプリケーションに関する知識も身に着けておくことが大事です。

文字の崩れを防ぐためには必須

使用する書体のアウトラインをとることは、文字の崩れやデザイン全体を保護するためには必須となる操作です。
オリジナルのぼり旗のデザインを自分で作成する場合は当社側のパソコンの環境を考慮に入れ、文字を図形化することでスムーズな作成が行えるようになります。

のぼり旗を作成する際はデータ入稿することでコストを抑えることができることもあるので、必要な知識を習得することで作業全体の時間の短縮にもつなげることができます。

関連記事