はとめ加工

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オリジナルのぼり旗・横断幕の「はとめ加工」とは

はとめ加工とは主に横断幕や懸垂幕を紐やロープなどで取り付けるために金属製の穴の空いたはとめリングを取り付ける加工の事を表わします。

ハトメの種類

オリジナルのぼり旗の場合は、はとめの穴にロープを通してポールと固定して掲示するケースによく用いられます。

取り付け位置の裏側には布を取り付け、のぼり旗の自重に耐えられるのはもちろんのこと、多少の風に吹かれても問題が無いように補強を施します(裏レザー加工)。

レザー加工

のぼり旗の素材と補強用の布をはとめ金具で挟み込み、プレスする事でしっかりと固定されスムースにロープを通すための穴と強度を実現するため、安心して掲示する事ができるようになります。

はとめにはさまざまなバリエーションがあり、通す事のできる紐やロープの太さに応じて大きさも比例するのと同時に、元々のデザインに被ってしまう範囲も大きくなるためデザインや取り付け位置を検討したりデザインの段階からあらかじめはとめの取り付け位置を想定しておく必要があります。

デザインの邪魔をしない位置に配置!

せっかくオリジナルのぼり旗にはとめ加工を施して目立つ場所に掲示する事ができたとしても、それによってデザインが損なわれたり、会社名やキャッチコピーなどに被る事で見辛くなってしまう一方で、デザインが決定した後でデザイン性を重視しながらしっかりと固定できるはとめの設置位置を決めるのは困難を極めます。
オリジナルのぼり旗は、一目見たインパクトが重要で通りすがりのほんの一瞬でメッセージを伝えるためにもはとめの位置が鍵を握っていると言っても過言ではありません。
そのため、オリジナルのぼり旗のデザインの邪魔をしない位置に配置するだけではなく、はじめからはとめの設置位置を想定したデザインを制作する事も大切です。

ハトメのサイズ

標準サイズは機械で打ち込みとなりますが、そのほかは人間の手打ちです。

固定に使用するロープの太さの想定によっても変わりますが、はとめの外径から概ね10mm程度の余裕を持ってそのエリアには余白を設けるなどして、のぼり旗に表記するデザインやメッセージを損なわないようにします。

関連記事

10のぼり旗製作のこだわり

ご連絡先
  • あなたにとっておきのデザインで
    素敵な完全オリジナルのぼり旗をあなたに
  • 京都のれん株式会社
  • 〒604-8235
    京都府京都市中京区錦堀川町659
    京都松田ビル7F
  • 営業時間 平日9:00−18:00
  • 電話 075-254-2354
  • FAX 075-254-2357
ダウンロードアイテム データ入稿用テンプレート Fax注文書 カタログお取り寄せ

アーカイブ