おしゃれなLUNCHのぼりを作成する

日替わりランチのぼり

日替わりランチのぼり飲食店を営んでいる人は、のぼり旗を活用してお店の宣伝をし
集客効果を高めることを考えている人もいるでしょうが、
お店の雰囲気に合わせたデザインでオリジナル作成すると
効果的と言えるでしょう。

例えば、お昼の時間帯の営業に力を入れているおしゃれな飲食店の場合には
お店の魅力が伝わるLUNCHのぼりを作成して設置したいものです。

なお、おしゃれなLUNCHのぼりを作成するためには、のぼり旗の色に
こだわることも大切ですが、字体の選び方も重要になってきます。

字体が違うだけで、かなり印象は変わってきますから
ついお店に入りたくなるような字体にして、色との相性も
考えていく
と効果的と言えるでしょう。

その他にも、字の大きさなど、効果的なLUNCHのぼりを作成したい時には
全体のバランスをしっかりと考えることが重要と言えます。

おしゃれなランチのぼりちなみに、のぼり旗にはイラストを入れることもできますから
イラスト作成が得意な人は、文字だけでなくイラストも入れて
LUNCHのぼりを作成すると、また違った雰囲気を出すことができるでしょう。

なお、LUNCHのぼりのデザインを考える時に、お店のお得感を
アピールしたいと思った場合には、具体的な金額を入れて
作成するという手もありますが、そうするとおしゃれさがなくなると
感じる人もいるでしょう。

その場合には、コーヒーつき、などお得なサービスを文字入れして
LUNCHのぼりを作成すれば、スマートな形でアピールしていけるでしょう。

始まりは1930年!お子様ランチの歴史

お子様ランチがいつ生まれたのかご存知でしょうか。発祥は日本橋三越の食堂部で、1930年(昭和5年)12月1日に提供されたのが最初といわれています。当時は「御子様洋食」という名称で販売されており、子供に人気のメニュー数種類をひとつのプレートで提供するというコンセプトは現代と変わりません。

「お子様ランチ」の名称は遅れること3ヵ月後に上野松坂屋でメニューに登場したのが最初で、おまけにウルトラマンのおもちゃが付いた点で爆発的な人気を博したこともあり、次第にこちらが定着していきました。

最近では子供に人気のキャラクターを取り入れたり、お皿の形状も汽車や飛行機や車などを模したりと手の込んだデザインのものが増えてきています。少量の料理を多数用意しなければならないので店側の手間は大きく、実は原価回収率はさして高くないなどの面から年齢制限がある場合が多いですが、食の細いお年寄りに対しては許可してもらえることもあります。

子供の頃に食べられなかった、または懐かしさから頼みたいならば、大人でも注文可能なお店もありますので探してみるのも良いでしょう。前述した松坂屋では、大人用のお子様ランチがメニューに載っています。

関連記事

10のぼり旗製作のこだわり

ご連絡先
  • あなたにとっておきのデザインで
    素敵な完全オリジナルのぼり旗をあなたに
  • 京都のれん株式会社
  • 〒604-8235
    京都府京都市中京区錦堀川町659
    京都松田ビル7F
  • 営業時間 平日9:00−18:00
  • 電話 075-254-2354
  • FAX 075-254-2357
ダウンロードアイテム データ入稿用テンプレート Fax注文書 カタログお取り寄せ

アーカイブ