選挙ののぼりのデザインのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大阪で選挙を行う際に注意したいことは、投票を行う人に
投票日を良くわかるようにお知らせし
その日を忘れないようにしてもらうという事がとても重要です。

その為、大阪ではのぼりを作り投票日を知らせるという方法が良く行われます。

しかし、そののぼりのデザインには選挙の内容など
伝えたい内容をすべて盛り込んでしまいたいと思うものですが、
のぼりの限られたスペースの中で様々な情報を盛り込んでしまうことは
情報が混乱しがちな内容になってしまうことが多いのです。

その為、のぼりのデザインを考える際には、まずは大阪での投票日を
しっかりと伝える様に良く分かるデザインを採用することが大切です。

この日を投票に行く人に認知してもらえば、大阪で投票に行く人は
投票を行うための他の情報、例えば大阪では誰が立候補しているのか、
あるいは何のための選挙なのかを自ら考え、情報をいろいろなところから
集めようとするからです。

その為、大阪で選挙ののぼりを作る際には、まずは投票日を
良く分かるようにデザインを工夫することがとても大切なのです。

オレンジ(注文数:11~20) ショッキングピンク(注文数:11~20) 黄色(注文数:11~20) 紫(注文数:11~20) 紺(注文数:11~20)

公職選挙法とは?日本における選挙のルール

議会制民主主義を採用している日本では、国民の意見を代弁する議員を選ぶという行為は非常に重要なものとなっています。1950年(昭和25年)に制定された公職選挙法では事細かく選挙のあり方を規定しております。

選挙では、一人一票が完全に平等に取り扱われます。日本国憲法においても、選挙人の資格を人種や信条、性別などによって差別してはならない旨が定められております。戦前は男性にしか選挙権が認められていなかった時代が現にありましたが、現代ではそういった障壁は全くありません。

また普通選挙であることが基本的な考えで流れています。経済的収入や職業にかかわらず、投票する権利が与えられているのです。選挙権が所有する財産や性別などで制約があるという選挙では、国民の意思が正しく政治に反映されることは困難となります。そこから、財産や性別の制限かかかっていない普通選挙を実施することが重要になってくるのです。1925年以前は、日本でも一定額以上の納税をしている男性にだけしか選挙権が認められていなかった事実がありました。

そして投票の秘密は厳守されなければなりません。無記名投票で行われるのはそういった理由からです。現代では秘密選挙は言うまでもない当然のこととなっています。

関連記事

ご連絡先
  • あなたにとっておきのデザインで
    素敵な完全オリジナルのぼり旗をあなたに
  • 京都のれん株式会社
  • 〒604-8235
    京都府京都市中京区錦堀川町659
    京都松田ビル7F
  • 営業時間 平日9:00−18:00
  • 電話 075-254-2354
  • FAX 075-254-2357
ダウンロードアイテム データ入稿用テンプレート Fax注文書 カタログお取り寄せ

アーカイブ