りんご直売のぼり

リンゴ直売所

リンゴ農園ののぼりりんご農園の直売所を利用する客の数は、各地で増えてきていると
いわれており地域住民や観光客からの支持を得るためにも
プロモーション活動にこだわることが良いといえます。

そこで、りんご農園ののぼりを作成することによって、周辺の人々から
関心を持ってもらうことができるため、専門的な業者に依頼をすることが
望まれています。

例えば、色合いに工夫をすることによって、様々な年代の人々へ
アピールをすることにもつながるとされ、十分に知識を身につける
ことが求められています。

リンゴ直売所のぼりの選び方について迷っている場合には、ウェブサイトなどに
掲載されている口コミなどに目を通すことが有効であり、出来るだけ
多くの体験談に触れることが重要です。

りんご農園にのぼりを設置することのメリットについては、今や雑誌や
テレビ番組などでもピックアップされる機会が増えているため、もしも集客率に
こだわりたい場合には情報収集に取り組むことが大切です。

千曲川と信州りんごの関係|発祥は農家の氾濫対策だった!?

現在では長野県を代表するりんご園になっていますが、当初から繁盛していたわけではないのです。元々長野県はりんご生産ではなく、着物や風呂敷の材料として用いられる養蚕産業が盛んだった歴史があります。

しかし明治30年初期ごろに転換期があり、それは信濃川とつなぐ長野市赤沼地域の千曲川が洪水で氾濫し農業や養蚕産業が壊滅的なダメージを負ってしまったのです。養蚕産業と農業が深刻なダメージを負ってしまえば経済根の影響が計り知れないので、そこで第3の産業を考えることで経済を支えることを思いつきます。そこで様々な方法を模索していくうちに、当時まだ珍しかったりんごの木に目をつけるのです。

りんごの木は温暖の差が激しい場所を好むだけでなく、太い幹が地面に深く入り込むので倒れにくいのと果実は高い枝の先になるので水に浸ることなく収穫できるという点になります。

最初は千曲川に対する農家の氾濫対策だったのですが、長野の気候がりんご栽培に適していたこともあり当時主な生産地であった青森県に負けない品質が出来上がったというわけです。

そして当初は国光という品種だけを栽培していたのですが、戦後復興の傍らで品種改良を重ねることで紅玉など様々な品種を楽しむことができるようになっています。

関連記事

10のぼり旗製作のこだわり

ご連絡先
  • あなたにとっておきのデザインで
    素敵な完全オリジナルのぼり旗をあなたに
  • 京都のれん株式会社
  • 〒604-8235
    京都府京都市中京区錦堀川町659
    京都松田ビル4F南
  • 営業時間 平日9:00−18:00
  • 電話 075-254-2354
  • FAX 075-254-2357
ダウンロードアイテム データ入稿用テンプレート Fax注文書 カタログお取り寄せ

アーカイブ