windowsとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

windowsとはMicrosoft Windows(マイクロソフト ウィンドウズ)のことで、1985年11月18日マイクロソフト社より発売されました。

マイクロソフト社1975年4月4日にビル・ゲイツとポール・アレンによって創業されました。

windowsとはパソコンを操作するためのOSという基本ソフトです。全てはこのOSによって制御されているので、このソフトが無いとパソコンとしての操作ができないと言っても過言ではありません。windowsは窓を開いてパソコンに指示を行うので、それに因んでこの名前が付きました。

windowsにはサーバー向けやホーム向けやビジネス向けなど、様々なエディションがあります。XP以降はホームエディションとプロフェッショナルエディションに分岐しました。また7にはホームプレミアムやProがあります。家庭用にProを使ったり事業所でホームプレミアムを使っても特に問題は発生しませんが、Proの方がネットワーク機能が強化されている点が異なります。

エディションの他にも、32ビット版と64ビット版という区分が存在しています。より多くの情報量を扱えるのは64ビット版です。64ビット版では4GBを超えるメモリーを認識できるので、メモリーを増設したい人は確認すべき項目です。”

windowsの歴史と特徴

windowsの歴史は95(1995年発売)からスタートしています。それまではコマンドプロンプトが全画面に表示されているようなインターフェイスを使って操作を行うのが普通でした。しかしそれに革命をもたらしたという点において、歴史的なOSであることに間違いありません。
キーボードで指示を入力するよりも、マウスで簡単に操作を行えるという気軽さが受け入れられ、パソコンが一般家庭に急速に普及するきっかけになりました。

昔はサードパーティー製品に頼っていたネットワーク機能を標準装備しているのが最大の特徴です。その後も98(1998年発売)や2000(2000年発売)、XP(2001年発売)やVista(2006年発売)などが発売されました。またワークステーションなどの高機能のクライアントや、サーバー向けにも専用のエディションが発売されましたが、これはNT系と呼ばれているシリーズです。

それから紆余曲折の歴史を経て、大ヒット製品となった7(2009年発売)から最後のバージョンとなる10(2015年発売)まで、多くのユーザーが利用するOSへと成長しました。

MACとの違い

OSはwindowsだけではありません。ライバル的存在となっているのはマックです。両者を開発している会社は別々で、それぞれに熱狂的なファンがいます。会社の気風や考え方の違いというものが如実に出ているのもユニークなところですが、それぞれを支持するユーザーが多く存在する限り、両者のライバル関係の歴史が終わることはないでしょう。

両者の違いも多くあります。まず一般的なユーザーが選ぶ際、周囲の環境との親和性を重視するならwindowsの方が向いています。つまり仕事で使うのならマックよりも互換性に優れている分だけ、職場で扱いやすいOSと言えます。

デザイン性や所有欲を満たしたいユーザーにはマックが向いています。マックはキーボードや設定が特殊ですし、親和性も低いので慣れていないと扱いにくいこともあります。しかしそのようなデメリットを考慮しても、マックには工業製品としての美しいデザイン性と、1つの会社による一貫生産の安心感があります。

関連記事