openのぼりを作成してもらうポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
必要とされる

リニューアルオープンなどをした時には、それを広く大勢の人にアピールして
たくさんの利用者を集めたいものですが、そこで役に立つのがのぼり旗です。

openのぼりを作成して設置をすることで、何人もの人に伝えることができますから
効果的と言えるでしょう。

オープン(注文数:11~20)  ニューオープン/150cm×45cm(注文数:1)  リニューアルオープン/150cm×45cm(注文数:1)

なお、openのぼりを作成する時には、押さえておきたい大事なポイントというのがあります。

それは、何と言ってもopenのぼりの内容です。

単にopenと書かれたopenのぼりを作成して設置をするだけでも、それなりの効果は
得られるでしょうが、内容次第でさらに効果をアップさせることもできるでしょう。

例えば、openのぼりに時間を入れて作成するという手があります。
openという文字と共に、明日9時という文字を入れたり、本日10時という
文字を入れたりするわけです。

img_7228

時間が入っていることで、丁度その時間空いている人は、せっかくだから
寄っていこうといった考えになることが十分ありうるでしょう。

なお、このようにお客さんを呼び込むためには、ある程度大きめに
時間を入れておくと、親切心があり効果的です。

のぼり旗を作成する時には、どういったデザインであっても
文字のバランスというのが大事です。

やたらと小さすぎると、遠くから見えず、わざわざ近くまで行って
確認するといったことをしない可能性もあります。

ですから、openのぼりを作成する時にも、字の大きさについては
よく考えておいた方が良いでしょう。

関連記事