EPS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

画像ファイルの拡張子「EPS」とは

のぼり旗のオーダーが可能な当社では、様々なファイル形式でのデータ入稿を可能にしているお店が多くありますが、会社によってはイラストレーターやフォトショップなどで製作を行い、ファイルとしてAIなどのようにファイルフォーマットが指定になっているケースもあります。EPSとは、PostScriptデータをソフトウェアで交換する時に利用するためのファイルです。互換性が高いファイル形式などからも、印刷やデザインの分野で数多く採用が行われている、高品質な印刷物を製作出来るなどのメリットを持ちます。

のぼり旗をオーダーする時など、きれいな印刷が施されている方が集客効果やアピールの効果を高める事が出来ます。ちなみに、このファイル形式は内部に低解像度用および高解像度用2種類データを持ちます。デスクトップでは低解像度用のデータで高速編集を可能にする、印刷時には高解像度用のデータとして取り扱えるため、最高画質での印刷が出来るなどの特徴を持ちます。

作業時は軽いデータ、印刷時は高解像度のデータを出力する優れもの

のぼり旗のデザインを自ら行えば製作コストを下げる効果を期待出来ます。のぼり旗を製作する会社の中にはデザインから請け負っている会社もありますが、製作費が別途必要になるなど、予算内でのぼり旗のオーダーをしたい時などは自作が最適と言えましょう。データ入稿を利用する時には互換性を持つファイル形式でもあるEPS形式で行うのがお勧めです。このファイル形式の場合は画像を編集する時にもAI形式よりもファイル容量が軽くなるため、パソコンの環境に応じて編集作業が遅くて面倒になる事がありません。軽いデータで作成を行えば、スペックが低いパソコンでも編集を行えるメリットを持っているわけです。

さらに、印刷時には高画質のデータとして利用出来る、高解像度データでの出力が可能になるため、品質の高いのぼり旗の製作に繋がります。また、印刷物のファイルフォーマットとして優れているなどからも、きれいにのぼり旗を作りたい時などお勧めです。

注意 当社にEPS形式でデータを送られる場合 解像度を200dpiに設定してください。

関連記事