50%オフのぼりを作成するには通販が便利

ネット通販

実店舗売上を伸ばす動きとして、50%オフのセールを行おうとしている人も
いるでしょうが、そんな時に50%オフのぼり旗を作成して設置して、
周囲の人にアピールするが効果的です。

というのも屋外へのぼり旗の設置することで、ファン以外にもアピールすることができるからです。

店内だけでセールアピールをしても決まったお客様(既存客)の
購買意欲しか刺激しなく、その店に入ったことがない人やたまたま通りがかった人には
なにもアピールできません。


逆に常にセールのぼり旗をを出しているお店もありますが、
いつもいつも安売りをしている店として消費者にとって有難味がなく購買意欲が沸かず、
さらにブランドイメージを損なう可能性があります。

おススメは、期間限定セールとなります。

上記のように期間限定にするとお店の在庫過多を解消や
決算の為、新商品の為の型落ちなど、安くなる事由を明記でき、
より安心に消費者はモノを買え、なおかつブランドイメージを損なわないのです。

アピール手法も一通りでない。

というのも、例えば50%オフのぼり旗を
作成してアピールしようとしても、のぼり旗の背景や図案や染色技法などによって、
様々なアピールができるからです。

50%オフのぼりという言葉とともに、曜日などの期間に関する情報も
一緒に印字して作成することもできますし、50%オフという言葉ではなく
半額という言葉を使って作成することもできるなど、とにかく自由度の高さが光ります。

伝え方ひとつとってみても、50%オフのぼりを作成する際に、
半額という言葉に置き換えると二文字で伝えたいことをつたることができます。

他にも盛り込みたい情報がある場合には、半額という2文字でコンパクトに
まとめた方が、全体のバランスを取りやすくなることがあることが多いです。

 

ネット通販

京都のれんでは、同一柄で50枚注文しても、1枚あたりの600円と金額が安い為、
お使いやすい広告となります。

売上アップを図る際には、経費削減も意識しておきたいところですが、
広告経費を削るとあまり良い結果とならないので、のぼり旗汚れたり破れたりすると
新しいものに付け替えるのが一番良い思います。

世界のセール事情|日本では知らない記念日セールも!

日本では、シーズンの終わり頃にアパレルを中心にセールがされるのが一般的ですが、世界を見渡すと日本には見られないセールも存在します。

中国で「独身の日」とされる11月11日は、同国内インターネット通販の最大の商戦日です。最大手のアリババ集団は、近年、11月11日の24時間の取引額が1500億元(約2兆5000億円)にも上るとみられています。

アリババ集団が初めてこのセールを仕掛けたのは、2009年11月11日でした。このときの24時間の取引額は1億元に満たない規模でしたが、7年後の16年には1207億元もの金額に達しており、年を追うごとに益々勢いづいています。

アリババ集団のこのセールは、アメリカで行われている感謝祭明けのネット通販のセール日「サイバーマンデー」の5倍に当たる規模にもなっており、今や世界最大のセールと言えます。

売り上げ2017年のアリババのセールへの参加企業・ブランドは14万以上と、前年比4割増。このうち6万は海外企業・ブランドと、世界中の企業が注目していると言ってもよいでしょう。

アリババ傘下の菜鳥網絡などの物流業者は、総勢300万人体制でセールの配送作業にあたっているとされています。

関連記事

10のぼり旗製作のこだわり

ご連絡先
  • あなたにとっておきのデザインで
    素敵な完全オリジナルのぼり旗をあなたに
  • 京都のれん株式会社
  • 〒604-8235
    京都府京都市中京区錦堀川町659
    京都松田ビル4F南
  • 営業時間 平日9:00−18:00
  • 電話 075-254-2354
  • FAX 075-254-2357
ダウンロードアイテム データ入稿用テンプレート Fax注文書 カタログお取り寄せ

カテゴリー

アーカイブ