黒(k100)の染色について

真っ黒にしたいんですがどうデータの数値を出せばよいですか?

CMYKカラー
黒の表現の仕方には2種類あります。CMYKの4色を掛け合わせるリッチブラックと、Kのみを使用するスミベタです。

数値でいうと、リッチブラックはC40M40Y40K100(印刷会社によってCMYの値には差異があります)、スミベタはK100です。

一般的には、スミベタよりもリッチブラックの方が、美しくしっとりした黒に仕上がるといわれます。

ただし当社では真っ黒に近づける場合、K100のみで作成します。
というのも印刷とは違い、染色の場合実は青色と赤色の定着の温度が異なります。

特にインクジェットプリントはCMYKをスプレー方式で混ぜ合わせるので、ムラになったり、
青よりの黒や赤よりの黒に仕上がる場合もございます。

何度か試験データをとったところK100が一番スマートな色味になったので、
当社では真っ黒はK100を推奨しております。

無地染めの黒について

フォーマルブラックと呼ばれる黒について。

フォーマルブラックとはいわゆる礼服と喪服に使われるます。またもっとも黒い漆黒の服は最も格式が高いとされています。

フォーマルこの漆黒を表現するため、特殊な染料はもちろんですが、
通常何度も黒く染める工程を行います。

古来より墨染めと呼ばれて伝統的な染色のひとつです。

当社では風呂敷の無地染め等で黒く染めることは
あるのですが、墨染めほどの工程を通っているわけ
ではありません。

自社の方法でのベストをご提案致します。

関連記事

10のぼり旗製作のこだわり

ご連絡先
  • あなたにとっておきのデザインで
    素敵な完全オリジナルのぼり旗をあなたに
  • 京都のれん株式会社
  • 〒604-8235
    京都府京都市中京区錦堀川町659
    京都松田ビル4F南
  • 営業時間 平日9:00−18:00
  • 電話 075-254-2354
  • FAX 075-254-2357
ダウンロードアイテム データ入稿用テンプレート Fax注文書 カタログお取り寄せ

アーカイブ