金色の染色について

「金色に染めれますか?」この質問染色業界の方は一度はされたことあるのではないでしょうか?

厳密にいうとできません。

というのは金色は染まらない色で※銀も同じ

金色の糸というと金糸でして、金箔(きんぱく)を和紙にはりつけ細く切って糸に貼り付けたものです。

なので実際金色に染まっているわけではありません。

金色のぼり旗見たことあるよって言われる方にもう少し詳しくお伝えすると

顔料(※染まっていない上に粒子をのせている)であれば表現できます。

ただなんども言いますが、金色には染めれません。

 

ではどうやって金色生地をつくるのか?

1、顔料で生地の上に粒子をのせて表現する。

↑こちらであればたまに風呂敷等の名入れでよくある方法です。

のぼり旗でも同様ですね。

2、目の錯覚を使ってグラデーションにて染色表現し、金色ぽくみせる。

こちらは口頭で説明するよりも生地を見せた方が早いので下記のような形です。

3、光沢のある生地を黄色に染める。

これも見せた方が早いので、

↑金色ぽく見えませんか?

このように金色には染めれませんが、金色ぽく加工するにはいろんな方法があります。

のぼり旗であれば、元生地が銀色ぽい遮光サテンもよく使われます。

こう考えていくとできないことはないという表現が一番近いかもしれません。

なので金色の何かを作られたいときは遠慮なくご相談ください。

 

 

 

 

関連記事

10のぼり旗製作のこだわり

ご連絡先
  • あなたにとっておきのデザインで
    素敵な完全オリジナルのぼり旗をあなたに
  • 京都のれん株式会社
  • 〒604-8235
    京都府京都市中京区錦堀川町659
    京都松田ビル4F南
  • 営業時間 平日9:00−18:00
  • 電話 075-254-2354
  • FAX 075-254-2357
ダウンロードアイテム データ入稿用テンプレート Fax注文書 カタログお取り寄せ

アーカイブ