車検のぼりを作成してもらうのと既製品、どう違う?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
太さ

車検のぼりには既製品とオリジナル品があり、それぞれに違いがあります。
既製品は販売価格が安く、納期まで短いのが特徴です。

すでに完成された車検のぼりを購入するだけなので、注文すると
在庫があればすぐに送ってくれます。

車検予約受付中(注文数:11~20)  車検見積もり無料1(注文数:11~20)  車検予約受付中(注文数:11~20)  車検見積もり無料1(注文数:11~20)  車検予約受付中(注文数:11~20)

コストや納期のスピードを優先するなら、最適な種類と言えるでしょう。
オリジナル品は、車検のぼりのデザインや形状を自由に決めて
作成できるのが特徴です。

既製品だと、すでにあるデザインや形状の中から選ばなければいけません。
そのため、他業者と同じ車検のぼりを使ってしまうこともあります。

オリジナルのデザインにすれば、文字を好きなように配置することができますし、
画像やイラストを入れて作成することが可能です。

ロゴマークやマスコットキャラクターなどを入れた車検のぼりを作成し使えば
他業者と差別化することができるので、集客効果を高めることができるでしょう。

また、形状やサイズも自由に選んで作成できるので、人目につきやすい形にしたり
設置場所に合わせてサイズを決めることもできます。

もちろんオリジナルの車検のぼりを作成するためには、コストが増えたり
時間がかかるデメリットもあります。

ですが、最近は低コストでオリジナルの車検のぼりを作成できたり、
短時間で作成できるようになっています。

このようにそれぞれで違いがありますから、両者のメリットやデメリットを考えながら
最適な車検のぼりを作成するようにしましょう。

車

ちなみに車検とは、

自動車検査登録制度(じどうしゃけんさとうろくせいど)のことです。自動車や排気量250cc超の自動二輪車に対して、保安基準に適合しているかを確認するため一定期間ごとに国土交通省が検査を行い、また自動車の所有権を公証するために登録する制度のことです。

1930年にタクシーやバスの安全性確保を目的に制度化されて1951年に義務化され、1973年には軽自動車にも適用されました。

関連記事