訴求力のあるのぼり

焼きとり

おすすめコンビニでは、多種多様な客層が存在することが知られており
店内の商品をうまく売りさばくためにも、様々な方面で対策を
立てることが望まれています。

そのような中、大手のチェーン店のコンビニでは、
訴求力のあるのぼり旗を備え付けようとすることがあり
顧客に商品の魅力を知ってもらうためにも、非常に効果的なものとして
捉えられています。

のぼり旗の宣伝効果の高さについては、テレビ番組などを通じて
改めて見直されるようになってきているため、常に理想的な
アイテムについて知識を身に着けることが求められています。

訴求力もしも、コンビニにのぼり旗を設置する際にはキャッチコピーや
文字の色などにこだわりを持つことが良いとされ、何よりも目に
つきやすい所に配置をすることが注意点として挙げられます。

また、期間限定の商品などについては、多くのコンビニにとって
非常に重要なものとされており、のぼり旗の訴求力をより一層
発揮させることが重要です。

日本最初のキャッチコピーはいつ作られた?

このようにさまざまな消費者の購買意欲に働きかけるためには効果的なキャッチコピーを用いることが重要です。

そんなキャッチコピーの日本における歴史は意外と古いことをご存知ですか。その始まりは文政5年にまでその歴史をさかのぼることができます。

そしてその際にみなさんも一度はその名を耳にしたことがある平賀源内がうなぎのキャッチコピーを書いたのが日本で最初のキャッチコピーであったと言われています。今となっては当たり前の存在であるキャッチコピーもその当時はそれに該当するものがなかったため非常に大きな注目を集めました。

そしてその際に採用されたのが「本日土用丑の日」というものでした。これは、夏場の売り上げ不振に悩んだうなぎ屋に平賀源内が相談された結果に生み出されたものでした。

この源内が生み出した「土用丑の日」という広告が日本で初めてのキャッチコピーであったという旨は文政5年の「明和誌」に残されています。現在を生きる私たちでも耳にする「本日土用丑の日」が日本で最初のキャッチコピーというのはそのセンスの高さに驚く方も多いことでしょう。

なお、キャッチコピーを手掛ける専門家であるコピーライターの走りについても同年代から存在していたと言われています。それだけ生活における広告の存在は重要と言って良いでしょう。

関連記事

10のぼり旗製作のこだわり

ご連絡先
  • あなたにとっておきのデザインで
    素敵な完全オリジナルのぼり旗をあなたに
  • 京都のれん株式会社
  • 〒604-8235
    京都府京都市中京区錦堀川町659
    京都松田ビル4F南
  • 営業時間 平日9:00−18:00
  • 電話 075-254-2354
  • FAX 075-254-2357
ダウンロードアイテム データ入稿用テンプレート Fax注文書 カタログお取り寄せ

アーカイブ