薬局では効能をアピール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
処方箋+受付

処方箋薬というのはその効能を理解することが難しいものですので、
長い説明や言葉では、購入しようという気にはなりません。

そのためお客さんの購入意欲を刺激するためには、
見た目でしっかりと効能がわかると同時に
その効き目がすごいという印象を与える必要があります。

その唯一の宣伝方法がのぼりなのです。
のぼりはチラシより少ない情報しか書くことはできませんが、
見た目にインパクトのあるデザインにすることができますし、
少ない情報なので、逆にアピールしたい内容を
しっかりと強調することができます。

肩こりまたCMによる放送もありますが、それは事前に見ておかないと
何の意味もありません。

それに比べてのぼりは、薬局で見れば理解できますので、誰にでも簡単に
おすすめの薬を知ることができます。

さらにのぼりのいいところは、デザイン次第で多くのお客さんを
呼び込むことができるという点です。

というのは、お客さんは目立つものよりもより印象に残るものを
購入するという傾向があるため、適切なデザインののぼりを上げることで
お客さんはそののぼりに目を引かれるのです。

くすりの副作用はどんな症状がでる?|くすりの効果と副作用

解熱鎮痛薬を飲んで頭痛は止まったものの胃が痛くなったり風邪薬で眠くなるなど、薬は病気を治すために効果的に作用するばかりではなく、ありがたくない他の症状を起こす「副作用」に見舞われることがあります。

他の作用ももたらしやすいなど薬の性質が原因ということもありますが、患者の病状や体質によるものや服用時間・量を間違えて飲んでしまったり、薬と相性が悪い食品や飲料を摂ってしまったことで思わぬ症状が出てくるケースもあります。

風邪薬や一部の胃腸薬、花粉症などのクシャミ鼻水を抑える抗ヒスタミン薬では眠気や口の渇き・発疹などが起こりやすく、精神安定剤では眠気の他めまいやふらつきも起こるため車の運転や高所での作業等は避けるべきとされます。

解熱鎮痛薬や抗生物質では胃腸障害や腎臓・肝臓への障害、アレルギー症状が起こることがあります。持病やアレルギーの有無のほか、副作用の出やすさは年齢によって大きな違いが出ることが平成16年 副作用・相互作用回避結果集計結果によって明らかにされており、薬を分解・排泄する力が弱い子どもや高齢者で起こりやすくなっていることがわかっています。

持病が増えて異なるタイプの薬を何種類も服用している高齢者の場合、特にリスクが高まってしまうため注意しなくてはなりません。

年齢にかかわらず薬の服用を始めたばかりの頃は体調の変化に十分に注意を払っておく必要があり、どんなタイプの薬でも服用期間中のアルコール摂取は極力控えておくほうが安心です。

関連記事

10のぼり旗製作のこだわり

ご連絡先
  • あなたにとっておきのデザインで
    素敵な完全オリジナルのぼり旗をあなたに
  • 京都のれん株式会社
  • 〒604-8235
    京都府京都市中京区錦堀川町659
    京都松田ビル7F
  • 営業時間 平日9:00−18:00
  • 電話 075-254-2354
  • FAX 075-254-2357
ダウンロードアイテム データ入稿用テンプレート Fax注文書 カタログお取り寄せ

アーカイブ