自動車整備工場で車検を宣伝

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
車検見積り無料

車検自動車を利用する為には車検が必須になりますが、東京での車検は
自動車整備工場以外にもガソリンスタンドやカーショップ、
ディーラーなどでも受ける事ができます。

カーユーザーからすれば選択肢が多い状態ですので嬉しいものですが、
しかしながら東京では業者側からすれば、利用客が他に
取られてしまう恐れがあります。

その為、いかに客寄せをするかが重要になるのですが、
東京において客寄せをする手段として
幟をフル活用してみるのも良いと言えます。

幟というのは竿などに宣伝を印刷した布を通して店頭に立てておく
販促品の事ですが、幟がある事で東京の道行く人にアピールする事ができます。

自動車例えば車検を宣伝したい時には車検についての印刷や
料金を印刷しておく事によって東京でも簡単に宣伝する事が
できますし、宣伝を行ってこそ客寄せをする事ができますので
非常に便利な宣伝手段と言えます。

また、幟のデザインによっては人の目を引く効果も高いという
事もあり、東京においても多くの人に見てもらう事が可能です。

車検切れに要注意!車検の制度と有効期間

自家用乗用車の場合は、新車購入の場合には登録後3年、それ以降は2年間が車検有効期間となります。つまり車検の残っている自家用乗用車でも、3年(36ヶ月)が最長となりますので、計算上36台に1台の割合で車検切れが迫っている車両があるということになります。

実際は新車登録後に初回車検を受けている車両も多いために、期限が迫ってきている車両の割合はもう少し多くなるものと考えて良いでしょう。

交通量の多い幹線道路沿いに車検に関する広告を掲示することは、かなり訴求力の強いものとして判断することができます。複数の幟旗を道路沿いに掲示することで目を引きますので、これから車検を控えているカーユーザーの取り込みに大いに効力を発揮することが期待されます。

現在の日本の車検制度は、ほぼ全てのカーユーザーがその制度について理解しており、重要性や必要性について浸透しているものと考えても良いものです。一定の需要が見込めるだけに、効率的な広告戦略をはかることで、顧客の取り込みや新規客の開拓なども比較的容易にアプローチすることが出来るようになります。

店舗周辺に集中的に掲示するのぼり旗の存在は、ビジネス戦略の観点からも極めてローコストで高い効果の得られる営業政策となることでしょう。

関連記事

10のぼり旗製作のこだわり

ご連絡先
  • あなたにとっておきのデザインで
    素敵な完全オリジナルのぼり旗をあなたに
  • 京都のれん株式会社
  • 〒604-8235
    京都府京都市中京区錦堀川町659
    京都松田ビル7F
  • 営業時間 平日9:00−18:00
  • 電話 075-254-2354
  • FAX 075-254-2357
ダウンロードアイテム データ入稿用テンプレート Fax注文書 カタログお取り寄せ

アーカイブ