祭りの出店はオリジナルのぼりで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
祭り

楽しい祭りの出店で、遊んだり食べ歩きをすることを
楽しみにしている人は多く、祭りにはたくさんの人が
繰り出し、大賑わいとなります。

たくさんの人が歩いている中で、お店の存在をアピールするのに
効果的なグッズがのぼりです。

たくさんののぼりが上がると、賑やかな雰囲気を盛り上げます。

色とりどりののぼりがたくさんある中で、人の目をひきつけるには
オリジナルデザインののぼりで、他店との差別化を図ることに効果的です。

同じ業種が何店も出る祭りでは、お客様の目にも似たように
映りがちですが、のぼりが珍しいとそれだけで
何の店かなと思って、のぼりを読んでくれる
ことにつながります。

祭り

歩いて通り過ぎるはずの人の足を止め、店に近付いて
商品を見てもらうことで、活気が出ますし
売り上げアップにもつながります。

中には、目印にしてお客様がたくさん集まる
人気店になった店もあり、口コミで評判が
広がることも期待できます。

 

屋台で雰囲気を楽しむ!祭りの魅力

そもそも屋台の始まりは比較的に古く、江戸時代の初めから徐々に広まったとされます。日本の中心都市は将軍が居た江戸であり、現在の東京であります。

明暦の大火によって江戸の町が焼き尽くされてしまい、その復興のため大勢の方が地方より江戸に集まって来ています。しかも、以前より参勤交代による多くの武士も大名に従って訪問されるため、江戸が人口も多い一大都市の様相を整えていきます。

多くの方が集まって来た時に問題になるのは食であり、自宅による自炊をすると火事の発生が高くなります。そのため外で食べた方が良く、食事を提供する店舗が生まれるきっかけにもなっています。

屋台の楽しみ

特に人通りの目の付く通りや境内などの場所に簡単に設置を行うことができ、通りすがりの人に食を提供できるとして、ファーストフードの様に持てはやされます。さらに寺社仏閣の縁日の日に大勢の人が集まることに因んで、そうした人の食を提供する場でも重要な役割を持つ様になっていきます。

また待つことを苦手とする江戸っこの気質も、即座に買い食いができることも広まる理由にも繋がっています。この様に江戸から始まっていますが、徐々に大勢の人が集まる時に食を提供することができるとして、地方の様々な場所にも広まっていった文化で現在でも多くの方に親しまれています。

関連記事

10のぼり旗製作のこだわり

ご連絡先
  • あなたにとっておきのデザインで
    素敵な完全オリジナルのぼり旗をあなたに
  • 京都のれん株式会社
  • 〒604-8235
    京都府京都市中京区錦堀川町659
    京都松田ビル7F
  • 営業時間 平日9:00−18:00
  • 電話 075-254-2354
  • FAX 075-254-2357
ダウンロードアイテム データ入稿用テンプレート Fax注文書 カタログお取り寄せ

アーカイブ