看板のデメリットをカバーするにはのぼり旗を活用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
場所

お店などで効果的な宣伝をしていきたいと思った場合には
看板を設置するという方法がありますが、この方法は
デメリットもありますので注意しておきたいところです。

例えば、設置する場所の問題で、立地によっては
設置しづらいということがあるものです。

無理に設置して何かトラブルがあると良くありませんから
注意しておきたいところです。

各地域景観条例があります。参考京都府景観条例

景観
のぼり旗はたなびくので視認しやすいですが、
小さい看板だと多くの人が視認しづらいというデメリットもあります。

回転式の看板というのもありますが、かなり費用が
高くなってしまうというデメリットがあります。

もちろんのぼり旗の方のデメリットもありますので
要は使い方ということですね。

例えば、のぼり旗を使った宣伝方法であれば
こういった問題をクリアすることができます。
のぼり旗は非常に安価で、1枚950円※当社価格10枚発注時
しない安いタイプもありますし、とにかくコンパクトですから
ちょっとしたスペースがあれば設置することができます。

上記の価格帯ですので手軽にキャンペーンなども
打てるのが特徴です。

保管する際には、取り外して畳んで保管できるというのも
のぼり旗の便利なところだと言えるでしょう。

既製のぼりさらに、風でなびくようになっていますから
色々な方向から見ることができる
視認性に優れたアイテムです。

ちなみに、のぼり旗は既製のデザインも
たくさんありますから、商品選びの時にも
助かるものですが、オリジナルのデザインで
注文することもできますので、ありとあらゆる
ジャンルの施設ののぼり旗を入手可能だと言えます。

通販なら4枚から1350円オリジナルのぼり旗
インクジェット
70枚500円【京都のれん株式会社】です。

関連記事

10のぼり旗製作のこだわり

ご連絡先
  • あなたにとっておきのデザインで
    素敵な完全オリジナルのぼり旗をあなたに
  • 京都のれん株式会社
  • 〒604-8235
    京都府京都市中京区錦堀川町659
    京都松田ビル7F
  • 営業時間 平日9:00−18:00
  • 電話 075-254-2354
  • FAX 075-254-2357
ダウンロードアイテム データ入稿用テンプレート Fax注文書 カタログお取り寄せ

アーカイブ