直売所で新鮮や無農薬をアピール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パプリカ

無農薬のぼりにはお客の目を集める事とともに、
特定のことを強くアピールするという点でも効果があります。

とくに昨今の野菜の販売は、新鮮さと同じくらい
農薬を使用しているかどうかが重要になっており、
無農薬野菜を販売しているのなら新鮮・無農薬を
大きくアピールしていく必要があります。

のぼりを使用するのは、スーパーやデパートに
卸す業者ではなく、直売所で自分が作った野菜を
販売するときにのぼりを使ってアピールします。

のぼりには音楽やチラシに負けないくらいの集客力があります。新鮮

のぼりの利点の一つはすぐに目につくということです。お店の前に大きく掲げられているので、特に注意をしなくてもすぐに飛び込んできますので、何がそこで販売していて何がセールスポイントなのかを、消費者がすぐに知ることができます。

さらに事前に何の情報を持たなくてもその場で知ることが
できますから、非常に簡単な情報源といえます。

そのため、多くの人がのぼりに注目しています。
ぜひ、のぼりでの宣伝をご活用ください。

農薬を使わないだけではない!無農薬野菜の表示ルール

日本における無農薬には、ただ文字通り農薬を使用しないだけではないルールが存在します。
農林水産省が出している基準としては、2001年に定められた特別栽培農産物と有機JAS規格の主に2つが挙げられます。

特別栽培農産物というのは、栽培期間中に化学合成肥料をどれだけ使用せずに農作物を完成させたかを示す基準です。比率となるのはその地域で通常使用されている農薬の量・慣行レベルで、何割を減らすことができたかを表示することができます。これらの情報はパッケージなどに表示されていますが、スペースの関係などで収まりきらない場合はインターネットなど何かしらの入手方法が示されています。

そしてその中で化学合成肥料を10割減らして、栽培期間中不使用と表示できるものが、一般的な無農薬としてイメージを持たれている農作物でしょう。ただこの場合でも有機JAS規格で使用可能と認められた農薬は使用されていることがあります。

有機JASは無農薬の中でもさらに条件が付け加えられた有機農作物として認められるためのルールで、天然に存在する物質以外は使用不可であることに加えて、栽培期間中だけでなく種を蒔く2年前から農薬が不使用であるなどの条件があります。

関連記事

10のぼり旗製作のこだわり

ご連絡先
  • あなたにとっておきのデザインで
    素敵な完全オリジナルのぼり旗をあなたに
  • 京都のれん株式会社
  • 〒604-8235
    京都府京都市中京区錦堀川町659
    京都松田ビル7F
  • 営業時間 平日9:00−18:00
  • 電話 075-254-2354
  • FAX 075-254-2357
ダウンロードアイテム データ入稿用テンプレート Fax注文書 カタログお取り寄せ

アーカイブ