焼肉店のぼり

焼肉のぼり旗

焼肉焼肉店では、看板とのぼり旗にこだわりを持つことによって
多くの集客を見込むことができるといわれており、
広告の方法についてじっくりと検討をすることが一般的となっています。

ここ最近では、様々な特長を持つ焼肉店が全国規模で増えているとされ
少しでも商品の魅力を伝えるためにも、有意義なのぼり旗を制作すること
が求められています。

また、看板のライトアップなどを検討することによって、夜間であっても
十分に目立つことがメリットとして挙げられており、様々な意見を積極的に
取り入れることが良いといえます。

ホルモンインターネット上では、すでに焼肉店ののぼり旗などを作成したことの
ある人の体験談が掲載されているため、有益な情報を上手く見つける
ことが望まれています。

焼肉店の人気商品などをのぼり旗を使ってアピールすることは、
ビジネスチャンスをつかむためにとても有効なものとされ、これからも
さらに設置を考える店舗が増えるとみられます。

焼肉店の歴史(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%84%BC%E8%82%89より)

焼いた肉料理を指す「焼肉」という語の使用はより古く、例えば仮名垣魯文の『西洋料理通』(1872年〈明治5年〉)にはバーベキューの訳語として使用されている。同年出版の『西洋料理指南』[3]においても、獣肉を焼いた料理の意味で使用されている。また、張赫宙の『権といふ男』(1933年〈昭和8年〉)という小説では朝鮮料理の焼肉が登場している。近年では水木しげるの漫画『墓場の鬼太郎』に鶏の丸焼きを指して「焼き肉」と呼ぶ台詞がある。

人気のホルモン!いつ頃から食べられていた?

焼き肉店では必ずメニューにあり、居酒屋などでもホルモン煮等が人気のホルモンですが、いつ頃から食べられていたのでしょうか。

東アジアの食文化を研究されている佐々木道雄さんが書かれた「焼き肉の文化史」によると大正12年頃には精力を増強する効果のある料理のことをホルモン料理と呼ぶことが流行っていたそうです。当時のホルモン料理は動物の内臓だけでなく卵や納豆・山芋なども含まれていました。

内臓料理としてのホルモンは昭和になってから料亭の山水楼や大阪の「北極星」が内臓料理をホルモン料理として提供していました。そうした中で戦前大衆食堂で出されていたモツ焼きがホルモン焼きと呼ばれるようになったようです。もともと日本系のモツ焼きがホルモン焼きと言われていたのですが、戦後いつの頃からか朝鮮系の内臓焼肉がホルモン焼きと呼ばれるようになりました。

もともと内臓は食用にされる筋肉の部分をとったあと、捨てられていました。最近では、ホルモンは大阪弁で捨てるものを表す「ほおるもん」からきているとされる説が多く言われています。

現在では美容や健康に効果があるうえに美味しく、老若男女に人気のあるホルモンですが、日本で食べられ始めたのはそれほど昔では無いようです。

関連記事

10のぼり旗製作のこだわり

ご連絡先
  • あなたにとっておきのデザインで
    素敵な完全オリジナルのぼり旗をあなたに
  • 京都のれん株式会社
  • 〒604-8235
    京都府京都市中京区錦堀川町659
    京都松田ビル4F南
  • 営業時間 平日9:00−18:00
  • 電話 075-254-2354
  • FAX 075-254-2357
ダウンロードアイテム データ入稿用テンプレート Fax注文書 カタログお取り寄せ

アーカイブ