溶剤インクジェットプリントとは

屋外で

インクの中に熱量で揮発できる有機溶剤を混入する事で、対象物に塩化ビニールフィルム加工がされていれば受容層を用いずにできる印刷方法です。

条件さえ整えば機材にマットやグロス等の特殊加工を施しても可能なので、オリジナルの看板を製作する時には溶剤インクジェットプリントが非常に有効とされています。

他にも有機溶剤が干渉できる素材が印刷対象で、尚且つ溶剤インクジェットプリントに対応しているプリンターならばこの印刷方法が可能です。代表的な物だとターポリンが有名で素材の表面に防水シートで加工を施しているため、看板製作に最適な方法です。

また表面加工を透明性塩化ビニールに限定した場合は耐ガス浮き性等にも対応可能なので、条件次第で印刷方法のクオリティをコントロールできるメリットもあります。これらは印刷機材を開発している会社によっても違い、中にはガラスに看板加工を施せる物もあるため、印刷物によっては専門業者に作業を委託したほうが効率的です。

屋外で使う印刷物に打って付け

屋外で

印刷塗料は太陽を含めた天候の影響を長期間持続的に受けると、色褪せや看板等の素材の自然劣化に繋がります。なので製作時には設置環境に合わせたオリジナル加工を施す方法がお勧めで、その筆頭に挙がるのが溶剤インクジェットプリントです。

近年ではインクに含まれている有機溶剤の量に変化を加えた上で、プリンターインクヘッドの連射速度も合わせています。そのためターポリン等複数の天候用防護策を講じても大量印刷が可能なので、販促物目的の看板製作ではさらにコストパフォーマンスが高くなっています。

尚ターポリンの使用は工事用シート等規格が決められている印刷物に対しても有効です。
よって2類に該当している金網とシート製作に対して使用し、長期の危険告知と防止策実行をお勧めします。同時にプリンター制作会社によっては、既存のCMYKカラーインクに加えて複数のインクカラーを実装しているので、従来よりもオリジナル性の高い発色性能を活かす事も可能です。

長く使うものにも用いられる

印刷物の中には長期掲載が必要になる物が存在し、選挙ポスターや名刺等もこれに該当します。そのため色褪せや紙の劣化を防ぐ手段が必要になるので溶剤インクジェットプリントが使われています。特に名刺の場合は通常の印刷方法だと保管時の摩擦で字が消えてしまう可能性があります。ですが溶剤インクジェットプリントは光沢のある素材に使用しても摩擦で剥離する事が少ない上に、ターポリン素材で防水対策も行えます。

またモットリングと呼ばれるインクの不均一化と濃度の不規則化による劣化も防げるので、長期掲載時に最も効果的な印刷方法として知られています。さらに印刷対象物にペットフィルムと塩化ビニールの合成素材を加工すると、インクの耐久性が選挙ポスターや看板等の大判印刷にも付加されるのでお勧めです。

その上ペットフィルムは紙に加工しても嵩張るリスクをある程度軽減できるので、大量印刷と掲示する手間の双方を省けるメリットがあり非常にお勧めです

関連記事

10のぼり旗製作のこだわり

ご連絡先
  • あなたにとっておきのデザインで
    素敵な完全オリジナルのぼり旗をあなたに
  • 京都のれん株式会社
  • 〒604-8235
    京都府京都市中京区錦堀川町659
    京都松田ビル4F南
  • 営業時間 平日9:00−18:00
  • 電話 075-254-2354
  • FAX 075-254-2357
ダウンロードアイテム データ入稿用テンプレート Fax注文書 カタログお取り寄せ

アーカイブ