海鮮市場で全国配送をお知らせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
獲れたて鮮魚

のぼりの集客率は、チラシや放送による集客率よりも高いといわれています。

その理由は、情報に誰でも触れることができる点と、事前に何の注意を払わなくても
目で見るだけですぐに内容が理解できますので簡単なのです。

これはどのような市場においても同様で、海鮮市場で魚を販売するという点でも同じです。
海鮮

最近では、魚を購入するというときにも新鮮さが重要な
アピールポイントになっていますので新鮮なまま全国配送
するというサービスは、のぼりでアピールがおすすめです。

また、のぼりを立てるときにはただ文字を並べるだけで
いいとは限りません。

そのまま文字を書いただけでも情報は伝わりますが、
お客様の目を引くことは難しくなり、集客力も低くなります。

そのためデザインにも気を配る必要があり、さらにデザインに
凝ることで集客力に差が出てくるのがのぼりなのです。

デザインに凝る
そのため素人が自分で一から作るよりも、デザインだけでも専門の会社かデザイナーさんに頼むのが一番です。
既成のぼり通販サイト「のぼり通販.com」はこちら

 

三越がチラシの創始者?広告チラシの歴史

そしてのぼりよりも劣るとされていても、チラシは歴史のある集客力を持っています。

一番最初に作られたチラシは1683年の江戸時代、現在の三越の前身である越後屋というお店が出したものだというのが通説です。当時はまだチラシという呼び方ではなく、引き札という名前でした。

現代のように写真が載って値段が書かれたカラフルなものではなく文章や印のみで、呉服を現金で掛け値無しで売りますという内容が書かれていました。

当時はお客を選んでツケ払いで値下げ交渉をするのが当たり前だった売買システムに、それらを取り払い現金で即支払うというこの現金掛け値無しという方法は画期的な商法でした。

その商法が江戸に広く知れ渡ることに一役買ったのが、後にチラシと呼ばれる引き札です。
チラシといえば現代では新聞に折り込まれた形が主流ですが、誕生してからしばらくは人から人への手渡しの形が続いていました。それが新聞に挟まれていた附録と混ざるような形で、折り込みとして入れられるようになりました。

そして現在ではチラシもデジタル化が進み、新聞を取っていなくてもインターネットから多種多様なものを入手することが可能です。そのような形になっても重要なのはデザインで、のぼりと同じく集客力を左右します。

関連記事

10のぼり旗製作のこだわり

ご連絡先
  • あなたにとっておきのデザインで
    素敵な完全オリジナルのぼり旗をあなたに
  • 京都のれん株式会社
  • 〒604-8235
    京都府京都市中京区錦堀川町659
    京都松田ビル7F
  • 営業時間 平日9:00−18:00
  • 電話 075-254-2354
  • FAX 075-254-2357
ダウンロードアイテム データ入稿用テンプレート Fax注文書 カタログお取り寄せ

アーカイブ