染料とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

染色のインクには染料と顔料があります。

染料は粒子が細かく、繊維の中まで浸透して発色します。
透明性があり、インクを重ねて印刷できるので、写真などの高画質のプリントに適しています。

染料の場合、耐光性、耐水性が顔料に比べると弱いですが
繊維の中まで染まっているため、こすれに強いです。
また、裏まで一緒に染めることができます。

染料と顔料の違い

弊社で染料を使うものには、染め抜きや厚地のポリエステル以外のインクジェットプリントなどがあります。

「染料」と「顔料」の違いとは
染料と顔料は、身の回り物の色を出すために使われるインクなどでも活用され、オリジナルののぼり旗の色を付ける上でも活用されます。
前者は溶剤に溶ける性質を持っており、溶剤に溶ける点で様々な色を組み合わせることで新しい色を作れます。ただ光に当てるなどすると色が褪せる可能性が存在します。
一方、後者は溶剤に溶けないインクとなり、耐光性や耐水性に優れている特徴があります。のぼり旗の繊維の上に乗っている状態でにじみが少なく、
いわゆるシルクスクリーンプリントの印刷に最適となります。

こすれに強いのは染料
オリジナルののぼり旗を制作する上では、色に拘ることも見られ、拘りの色を作り出したい場合は染料が優れています。また綿などの生地の繊維を浸透した形で染め上げることもできるため、着色してもこすれに強い点も特徴となります。しかもにじむ性質を上手く利用すれば、鮮やかなオリジナルのぼり旗を制作する上でも最適です。
一方、顔料は溶剤に溶け込んでいないため、生地の繊維部分に乗せる着色となり、耐水性や耐光性には強いメリットがあっても、こすれるとインクごと剥がれてしまう可能性もあります。
※擦れて剥がれてしまうという表現ですが、通常のぼり旗の仕様ではまずはがれませんのでご安心ください。

関連記事