松茸のぼり

松茸のぼり

松茸のぼり松茸の販売にこだわりを持っている青果店は、各地方にたくさん
存在することが分かっており、高級食材を色々な人々にアピールする
ことが大きな目標として位置付けられています。

最近では、こうした食材を買い求める客が増えていることもあり
各店舗においてはのぼり旗などの製作に取り組むことによって
宣伝効果を得ようとする動きも見られます。

例えば、青果店の魅力についてしっかりとアピールするためには
のぼり旗の素材の質感や文字の特長、配色などに注目をすることが
良いとされ、時にはプロのテクニックに任せることも有効です。

秋の味覚のぼり大手の業者においては、松茸を販売するためにもってこいの
のぼり旗の製作を請け負っているため、コストやデザインなどに
気を遣いたい場合には業者の特徴を上手く見定めることが
求められています。

のぼり旗の実用性については、個人商店などの店主からも
高く評価されており、これからも全国的に普及がすすめられる
ことが予想されます。

マツタケオールが作り出す「香り」が松茸の魅力

「香りマツタケ、味しめじ」と言われるようにマツタケの魅力は、なんといってもあの独特の香りです。そのため、土瓶蒸しや炊き込みご飯のように香りを生かした調理法が好まれています。古くは万葉集にもマツタケの短歌が載っており、平安時代の古今和歌集や拾遺和歌集にもマツタケの歌が詠まれています。

江戸時代になると現在のように一般庶民もマツタケを食べるようになり、江戸時代の料理本にもマツタケを使った料理が記されていました。

こうして長きにわたって日本人に親しまれてきたマツタケですが、最大の魅力である香りの主成分は、1938年(昭和13年)に農学博士の岩出亥之助によって解明されました。マツタケオール(1-オクテン-3-オール)と呼ばれる成分とケイ皮酸メチルからからなる成分は、人工合成にも成功し、マツタケの香りを再現した合成香料も市販されています。

多くのキノコに比べてマツタケの菌糸の成長は遅く、現在のところ人工気質上で栽培することはできていません。エノキやブナシメジのように完全な人工栽培を行うには、難しい点も多いことがマツタケを希少なキノコとさせている要因でしょう。

地表からわずかに顔を出したところを見極めて採らなければならないので、やみくもに探しても採取できないことも希少価値を高めています。

関連記事

10のぼり旗製作のこだわり

ご連絡先
  • あなたにとっておきのデザインで
    素敵な完全オリジナルのぼり旗をあなたに
  • 京都のれん株式会社
  • 〒604-8235
    京都府京都市中京区錦堀川町659
    京都松田ビル4F南
  • 営業時間 平日9:00−18:00
  • 電話 075-254-2354
  • FAX 075-254-2357
ダウンロードアイテム データ入稿用テンプレート Fax注文書 カタログお取り寄せ

アーカイブ