日塗工とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日塗工日塗工とは、一般社団法人日本塗料工業会(JPMA)の略称です。下記に事務所を構えています。

〒150-0013  東京都渋谷区恵比寿3-12-8 東京塗料会館1F
Tel:03-3443-20 11   Fax:03-3443-3599
E-mail:info@toryo.or.jp
業務取扱い時間:9:00~17:00
土曜・日曜・祝日は休業

塗料工業の健全な発展をはかることによって、わが国の産業と経済の発展に寄与することを目的として活動しています。日塗工の具体的な事業としては、塗料業界共通の課題である経営や環境、安全に関わる調査や研究を行なって共用することや国内外での利用される品質や規格に関係する標準化のサポートを行います。国際的に抱える共通な課題に対して情報交換を行い、その対策を行うこともあります。業界で共通の色票である塗料用標準色の作成もその一つです。

製造や販売、実際に作業をする業者の連携を普及し、啓発し、発展させることのためにいろいろな委員会を設けて調査と研究などの活動を展開しています。塗料の環境に関することや安全に関する情報収集を行い、提供して需要などに関連する調査や研究を行うことにより業界全体を発展させることが事業の目的です。

昭和23年に設立された歴史ある団体

日塗工日塗工は、昭和23年4月23日に同業界の製造業の集まる任意団体として設立されました。

当時は製造業のみの活動でした。その後、昭和61年4月 8日に同工業会を改組して、当時の通商産業大臣の認可による社団法人日本塗料工業会に生まれ変わりました。
この時に、製造業を正会員にして、原材料を製造する事業者と販売事業者を賛助会員として関連する全国的な公益の組織となりました。

平成18年7月 1日に日本塗料工業会と日本塗料協会が統合して日塗工が存続の団体となっています。
平成20年4月には創立60周年の節目に記念誌を発行しています。
平成22年4月1日には、日本塗料協会からの寄付によって、大阪拠点となるビルを新たに購入して活動を開始しました。

大阪事務所〒530-0044 大阪市北区東天満1-9-10大阪塗料ビル2FTel:06-6357-1800   Fax:06-6357-1818業務取扱い時間:9:00~17:00土曜・日曜・祝日は休業

平成25年4月1日の事業年度からは同3月21日に内閣府認可によって一般社団法人の活動するようになりました。

あと2年で創立70周年の節目を迎えることができる状況にあって、業界全体がますます発展していくことが見込まれていくことが期待されます。

日塗工サイトでは色の検索も可能

のぼり旗をオーダーするときには、オリジナルであることが重要になります。ひと目につくデザイン、特にオリジナルののぼり旗は色にこだわった方が目につきます。

オリジナルののぼり旗が必要なときには見本を見て目的にあったもの選びましょう。オーダーの時には日塗工のWebページにあるペイントカラー検索システムが便利です。塗料用標準色見本帳で必要な色が全て揃っています。のぼり旗は大きなものが多いので、はっきりとしたものが適当です。

のぼりのオーダーの時にはそれぞれの要素に合わせて見本帳から選んで指定します、標準化されたものなので、どのような業者でも同じ仕上がりになります。

のぼりは1つではないので均一性が大変です。個々ののぼりの色が間違っていては、印象が変わってきます。しっかりと確認して効果的なのぼりにする必要があります。このような時に国際的に標準化がされたものがあればぶれたりしないの安心して選ぶことができます。

関連記事